こんなことがありました!

2017年2月の記事一覧

晴れ 気持ちのよい週明けです

 2月27日(月)快晴。朝7時40分には、0度5分ほどだった気温が、9時現在4度まで上がってきました。青空の下、さわやかな週明けとなりました。早いもので2月も今日と明日の2日となりました。
 ↓青空の下の瀬川小学校
 
 校庭周辺の雪はすっかり消え、福寿草の可憐な花が咲いています。
 ↓ 校庭脇に見られる福寿草。こんなにたくさんあったかなと思えるほどあちこちに見られます。この場所には、もうすぐカタクリも見られるようになります。
  
  
 先週末に、瀬川子ども安全見守り隊で購入していただいた看板が届きました。通学路に掲示したいと思います。

花丸 第10回みん遊タイム(最終回)

 2月24日(金)、今日は全校での活動がまだまだ続きました。昼休みには第5班が企画運営する「みんなで遊ぼうタイム(みん遊タイム)」です。夏休みが終了してから始まったこの「みん遊タイム」も今回で10回目、最終回と成りました。今日は、全校生でドッジボールでした。柔らかいボールなので学年が違っても安心して遊べます。今日もみんなニコニコ笑顔。盛り上がりました。この「みんなで遊ぼうタイム」、児童会担当の湯淺先生の発案で始まりました。今年のヒット企画だと思います。来年もやりたい!と子供達は、今から楽しみにしています。是非、続けて行きたい活動です。
 ↓ 今日のドッジボールの様子。みんな本気です。
  
 

花丸 感動の6年生を送る会

 鼓笛移杖式の後は、「6年生を送る会」が行われました。ずっと6年生と一緒の教室で勉強してきた5年生が6年生のために心を込めて準備運営してくれました。
 楽しいゲームやクイズが行われました。見て下さい、この6年生の笑顔。
   
 ジャンケン列車で盛り上がりました。
 
 ↓手作りのプレゼントが渡されました。
  
  ↓6年生一人一人に、下学年に話しをしてもらいました。
  
   
 そして・・・、最後はみんなで心を一つに歌いました。「♪世界が一つになるまで~♪」
   
  
 しっとりとした、心に染みる温かい会になりました・・・・。

花丸 凛とした雰囲気の鼓笛引継式でした。

 2月24日(金)、3校時目に鼓笛引継式がありました。感動したのは、子供達の心がしっかりこもった言葉づかいや態度です。
 はっきりした声で行われた司会者の進行・・・声に一本芯が通っていました。
 ↓ まずは、本年度の担当による演奏が行われました。6年生は、最後の演奏です。
   
 ↓ 「頑張って下さい!」「はい!頑張ります!」 新しい担当者に楽器のバトンタッチ
  
 ↓ 主指揮の移杖、1、2年生もポンポン隊からけん盤ハーモニカ隊へ・・・。顔も引き締まっていてかっこいいです。
  
 そして、6年生の見守る中、新鼓笛隊の演奏です。
   
 誰一人おしゃべりをしたり、だらしない態度を見せたりすることなく、終始、凛とした雰囲気で式が進んでいきました。とても感動的な移杖式となりました。
 これまで、中心となって鼓笛隊を支え、また、楽器引継にあたっては、毎日毎日、下学年に一生懸命楽器を指導してくれた6年生の皆さん、本当にありがとうございました。
 今年は、卒業式の入退場の際の音楽を鼓笛隊新メンバ―による校歌演奏とする予定です。

花丸 ちょっといい朝の出来事・・・。

 2月24日(金)晴れ。朝8時の気温は2度でした。
 ↓ 上空には黒い雲が残っていますが、それでも暖かな日差しが気持ちいいです。
 
 ↓ 高学年の子供達が毎日、校旗を掲揚してくれています。先輩からずっと受け継がれている仕事です。今日の当番は5年生のRさんでした。ありがとう!
 

 始業前、各教室からは、けん盤ハーモニカや太鼓などいろいろな楽器の音が聞こえています。今日は3,4校時目に6年生への感謝の会、そして、鼓笛の引継会が行われます。今年の締めくくり、そして、来年への準備が行われる時期になってきました。
 
 さて、今朝、こんなことがありました。出勤してくると、校庭の端の方から、1年生のHさんの声がします。
「おはようございます!」 元気な挨拶です。
わたしもお返しに・・・「おはようございます!」そして、「元気なあいさつありがとう!」と言うと、「どういたしまして!」とまたまた元気な声が返ってきました。 なんだか、心がほっこりする出来事でした。 今日も気持ちのよい1日の始まりです。

雨 雨が降っています。

 2月23日(木)雨。午前7時40分の気温は5度。
 ↓ 校庭は、あちこち水たまりができています。移ヶ岳はすっぽり雲の中。
  
 子供達の学習の様子です。
 ↓1,2年生は、国語。2年生は先生と勉強。1年生は、今日の学習リーダーのMさんのリードで、まとめの問題、そして、まとめのテストを行っていました。1年生はもうすぐ2年生。学習リーダーのリードに従って、勉強を進められるようになってきました。えらい、えらい。
   
 ↓ 4年生は、担任の先生と社会科。福島県について学習していました。(福島県には、どんな特産物があるのだろう。)
 
 ↓ 5,6年生は、国語のまとめの問題に取り組んでいました。漢字テストも行っていました。
1年間に学習した漢字のテストです。できたら、先生にすぐ丸つけをしてもらって、間違えたところは再度挑戦。完全にマスターして、進学、進級しようね。頑張れ!
   
 ↓ 3年生は、教頭先生と社会の学習。今日は、今まで学習した事を双六にまとめていました。
      
 実は、 3年生はこの他、先日の伝統芸能の学習をカルタにまとめていました。そして、それを見せてくれました。紹介します。
   
   
   
 「伝えるよ、伝統行事 ぼくの手で」  いいですねー。 力作揃いです。

花丸 スケート教室、楽しかったよ!

 2月22日(水)薄曇り。朝7時40分には、-2度だった気温が、10時現在3度まで上がってきました。校庭は、昨日の雪がすっかり消えぬかるんでいます。
 
 さて、昨日、出発の場面だけ掲載しましたスケート教室。どんな様子だったかというと・・・
  
  
  初めての子が多い割には、結構滑れていますね。
 ↓ 中には、フィギュアスケートの演技を終えたあとのような姿勢をしている子も・・。
 
 

でも、最初は結構大変だったようで・・・
 ↓ 転んでも立ち上がり、笑顔で滑るの繰り返し・・・
  
 ↓△コーンにつかまりながら・・・ 手を伸ばしてバランスを取りながら・・・(お・押すなよ!)
  
 コーチの先生(学級にお一人ずつ、3人お願いしました。)の教えをよく聞いてひたすら練習・・・。
   
 最後には、何とか滑れるようになりました・・・。コーチのみなさん、ありがとうございました。
  
 子供達の中には、靴ずれになった子もいましたが、会場となった磐梯熱海のアイスアリーナまでは、瀬川から高速を使って車で40分ほど。これに懲りずに、これからもスケートを楽しんでほしいと思います、来年は、1日行事で行います。

「先生!今週の土曜日にスケートに行きます!」朝、玄関で1年生のMさんが教えてくれました。きっと、楽しくてお家の人と相談したのだと思います。いいことですね。気を付けて行ってきてください。

花丸 全校スケート教室に出発

 2月21日(火)晴れ。午前7時40分の気温は0度。
 ↓昨晩からの雪で、校庭は真っ白。

 今日は、全校生で磐梯熱海のアイスアリーナでスケートの学習。全員元気に笑顔で出発しました。
  
 

虫眼鏡 6年理科(電気と私たちのくらし)

 6年生は、いま、電気の学習をしています。電気は、私達の生活にとって無くてはならない物です。身の回りには、たくさんの電気製品があります。テレビ、電灯、扇風機、ドライヤーなど数えたらきりがありません。私達は、電気を光や音、動力などに変えて便利な生活をしています。これらの電気は、発電機(モーター)を水力、火力、風力などを使って回転させて作っています。ここが、私がおもしろいと感じるところです。ここというのは、①モーターに電気を流すとモーターが回る。逆に②モーターを何らかの力で回転させると電気が起きると言うことです。この逆の関係が私は理科のおもしろさだと感じています。子供達は、手回し発電機で電気を起こし、それを豆電球や発光ダイオード、モータ―、ブザーなどに流し、電気が音や光、動力として使われる事を学びました。また、電気をためるためのコンデンサーの存在を知り、そこに電気をためて豆電球やブザーなどにつなげて活用できることを学びました。
 そして、最後に電気を電熱線(ニクロム線)に流すと発熱する事を学習しました。
 ↓ 電熱線で手作りの発泡スチロールカッターを作成し使ってみました。見て下さいこの真剣な様子。
   
 ↓真剣に何を切り取っているのかと思いきや、こんな作品が出来上がりました。
  
 さて、さらに学習は続きます。電熱線に電気を流すと発熱する。では、電熱線の太さや長さを変えると、発熱のしかたはどうなるか、これが、今日の「めあて」でした。直流電源装置3Vに①10cmの0.2mmの電熱線、②10cmの0.4mmの電熱線、③5cmの0.2mm の電熱線をつなぎ、それぞれどのくらいの時間で一辺が2cmの正方形の形をした発泡スチロール片を切り落とせるか調べました。
 ↓ 実験をする子供達、よほど楽しかったらしく、何度も調べていました。
  
   
 あるグループの実験結果です。
①10cmの0.2mmの電熱線 ・・・(24秒99)
②10cmの0.4mmの電熱線 ・・・(6秒28)
③5cmの0.2mm の電熱線  ・・・(4秒33) 電熱線の発熱の仕方は、太さや長さに関係あるようです。
 Kさんの「まとめ」です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 電熱線の太さを変えると、太い方が速く(発砲スチロールが)とける。つまりたくさん発熱する。一方長さは、短い方がたくさん発熱する。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 Yさんの授業の振り返りカードには、次のようなことが書かれていました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 (電熱線の)長さが短いと(発泡スチロールが)とけるのが速いのに驚いた。何故、短い方がたくさん発熱するのか気になる。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 良い勉強をしていますね。 

虫眼鏡 もののあたたまり方 4年生理科

 めあて; 「金ぞくはどのようにあたたまるのだろう?」 お湯に金属の棒をいれると、次第にお湯に入れた反対側まで金属の棒はあたたまる。「金属は、どのようにあたたまるのだろう。」この「めあて」の下、金属の棒の端を熱した時、金属の棒の真ん中を熱した時、金属の板の端を熱した時、真ん中を熱した時、コの字の形をした金属の板の端を熱した時、それぞれのあたたまり方を調べました。

 ↓ 実験に意欲的に取り組む子供達
  
   
 結果
  
 金属のあたたまり方の後は、水や空気のあたたまり方を学習します。

花丸 書き初め展・ドンチャレ合格証伝達,命の話

 2月20日曇り時々雨。朝7時の気温は0度5分でしたが、11時には4度まで気温が上がっています。
 ↓ 今日は、どんよりとした空の下の瀬川小学校です。
 
 
 業間の時間に全校朝会がありました。「書き初め展」の賞状の他「ドングリチャレンジ問題」を全て終わった児童に合格証を渡しました。何と、ドングリチャレンジ問題は、全校32人全員が終了。見事全員に「合格証」を渡すことができました。バンザーイです。大変よく頑張りました。
 ↓ 書き初め展の賞状伝達。中でもMさんは、「書き初め奨励賞」という素晴らしい賞をいただきました。よくがんばりました。
   
 ↓ 「ドンチャレの合格証」授与。みんなよく頑張りました。
  
 
 そして、賞状伝達後には、命について話をしました。このお話は、助産師の吉岡先生が瀬川小に指導に来て下さった時に聞いたお話です。 この話を子供達にしなければと思ったのは、最近中学生の自殺が県内で2件続いたからです。どんな話しかというと・・・

○自分の命は、自分だけのものではない。たくさんの命がつながって自分の命がある。
(自分の命は、お父さん、お母さんからつながっている。そして、そのお父さん、お母さんの命は、それぞれのお父さん、お母さんからつながったものだ。そのつながりは、5代さかのぼると62人に、さらに10代までさかのぼると2046人もの人たちにつながる。)
○さらに、自分の命は、子供、そして孫へとつながっていく。このつながりの中で、誰か一人でも欠けてしまえば、それでそのつながりは消えてしまう。自分で自分の命を絶つことは、このつながりを切ってしまうこと。次に産まれて来るはずの命をなくしてしまうと言うこと。絶対にしてはいけない事。
○いじめられている時は、絶望と感じるかもしれないけれど、決してそんなことはない。みんなの未来は、明るく輝いている。大変な時は、お家の人、先生など大人に相談しよう。きっと良い知恵をくれるはず。時と場合によっては、その場から逃げる勇気が必要。一番大事なことは、命を守ること。
そして・・・・
○私達はみんな、たくさんの人の命がつながって生きているとても大切な存在。だから、自分がされて嫌な事、自分が言われて嫌な事は、絶対に人にしてはいけない。「人をいじめたりしない」そんな誇りを持った人間になろう!
 

花丸 第9回みん遊タイム

 2月17日金曜日、 第9回 みんなで遊ぼうタイムがありました。 今回は 4班が担当でした。 みんなで「手つなぎ鬼」をしました。 見てくださいこの笑顔。 今回も楽しい時間を過ごすことができました。
  
 

花丸 2016ソニー教育助成福島県贈呈式

 2月17日(金)快晴。朝7時40分の気温は6度。今日も春のような陽気です。
 ↓ 真っ青な空に白い飛行機雲。さわやかです。子供達には、飛行機のように目標に向かって一直線に進んでいって欲しいと思います。
  
 ↓ 今朝の授業の様子です。どの学年も落ち着いて課題に取り組んでいます。
   
 今日も全員出席。平成28年度の登校日は今日を入れて24日となりました。
 
 さて、2月15日(水)郡山のホテルを会場として、2016年度「ソニー子ども科学教育プログラム」の福島県贈呈式が行われ、参加してまいりました。毎年、公益財団法人ソニ―教育財団が「科学の好きな子どもを育てる実践と教育計画」を課題として論文を募集しています。本校も夏休み前までの理科の授業の実践や、生活科の野菜栽培の実践、昨年度、総合で行った「エゴマ」栽培の実践を中心として、夏休み以降の教育計画を併せて論文にまとめ応募しました。その結果、ありがたい事に「奨励校」をいただきました。福島県では12の小学校、その中に、本校と滝根小学校も入りました。
 贈呈式の中で、ソニー教育財団の理事長 高野瀬晃一様が次のように話されていました。「2030年には、日本の人口は1300万人減少、3人に1人が65歳以上になると言うことです。働き手が大幅に減少する中、AI(人工知能)は急速に発展し、多くの労働がロボットによって行われるようになるだろう。そうした中で、AIのプログラミングやロボットのメンテナンスを行う人材が数多く必要となってくる。子供達には、自然の中で数多く体験し、論理的に思考できる力を身に付けていって欲しい。そうした学校の取り組みをこれからも企業として応援していきたい。」
 要田小学校さんのホームページの中に2020年から施行される新学習指導要領では、プログラミングが必修化されるという記事がありました。今回の学習指導要領の改訂もこうした未来予想図を踏まえたものなのでしょう。 ますます、学校は頑張って子供達を育てていかなければなりません。

 贈呈式では、賞状の他、助成金10万円とICレコーダー2台をいただきました。有効に活用させていただきます。
 
 ↓ 瀬川小学校の応募論文とその概要です。
   ソニー子ども科学教育プログラム応募論文 (概要).pdf

花丸 春の陽気です。

 2月16日晴れ。お昼1時の気温は11度。春の陽気です。
 移ヶ岳は、頂上まできれいに見えます。山肌にはまだ、雪が見られます。
 雪がとけ、校庭はまるで田んぼのようです。
 
 こんな気持ちのよい日の午後、先生達は田村市の研究集会のため出張です。子供達はお弁当を食べて下校しました。良い時間を過ごして欲しいと思います。

花丸 児童会総会、6年生ありがとうございました!

 2月15日(水)晴れ、朝7時40分の気温は0度5分。とても気持ちの良い朝がこのところ続いています。
 ↓ 今朝の瀬川小学校と花壇で見つけた福寿草。
  
 さて、昨日2月14日(火)には児童会総会が行われました。
 
 各委員会より、活動報告がありました。(放送委員会、保健環境委員会、図書ボランティア委員会の順です)
   
 これらの発表に対し、2年生以上の子どもたちからたくさんの質問が・・。そして、委員長さんは、それに対して適切に答えていました。
   
 質問が終わると、各委員会への要望です。たくさんの要望が出ました。それに対し、委員長さんは前向きな姿勢で対応していました。
 
 最後に、6年生一人一人から下学年にみんなの為に頑張って活動して欲しい旨、お話がありました。
  
  
 3月からは、2年生から5年生の新しいメンバーで委員会活動が始まります。また、その間、6年生は、アドバイザーとして活動を指導してくれます。6年生の皆さん、ありがとうございました。でも、3月までは、面倒見て下さい。 よろしくお願いします。

花丸 へちまの茎は枯れている?

 2月14日(火)、4年生は、春からずっと植物やその他の生きものについて、季節毎の様子の変化を観察しています。今日が、その最終観察の日でした。春から、継続観察している、ユキヤナギ、ウツギ、モクレン、サクラ、カシワを観察した後、ヘチマの棚に集まりました。そして、こんな話しをしました。
  
 「みんなが、それぞれに観察していたウツギやユキヤナギ、サクラ、モクレン、カシワは、もう葉も全て落ちて枝しか残っていないけど、あの枝はもう枯れてしんでいるのかな。」
 「生きています。だって、芽が出ています。春になると、あの芽から花が咲いたり、葉が出たりするので生きています。」
「そうだね。芽があったね。春になればそこから葉出て花も咲くね。サクラは、花が咲いてそれから葉がでるね。生きている証拠だね。」
「じゃあ、このヘチマの茎はどうだい。生きている?それとも枯れて死んでいる?」
「生きている!」
「そうか、では、このままにして置けば、また、ここから葉がでて、花が咲き、実がなるね。」
「葉は出ないし、実もならない。と言う事は枯れている。」
「ヘチマは、種を植えてもう一度最初からやり直さないといけないんだ。」

 
どのように冬を越し命をつなげて行くか、植物によって異なる事に意識が自然と向いてきました。 秋と比べて、ヘチマの実も軽くなり、からからと実の中にある種の存在が確認できます。このヘチマは、たわしに加工する予定です。 「私もやりたい!」とい声も聞こえ嬉しく思いました。

花丸 今日も素晴らしい青空の下でのスタートです。

 2月14日(火)快晴。朝8時の気温は2度でした。
 ↓ 今朝も素晴らしい青空が広がっています。
 
  ↓ 児童昇降口のドングリカード(他の人の良いところを見つけて紹介する)もいっぱい貼られています。明日、昼の放送でこれらのカードを紹介する用務員さんは、「大変だ―。」と嬉しい悲鳴を上げています。
  
 ↓ お世話になった方々や卒業生に送るパンジーも順調に育っています。
  
 ↓ 教室前の廊下には、先週行われた「縄跳び記録会」の振り返りが書いて有りました。
 
○縄跳び記録会で学んだ事は、後駆け足跳びは、リズムが大切で有ること。二重跳びは、気持ちを強く持って跳ぶ事が大切で有る事を学びました。そして、大縄は、みんなと心を合わせる事の大切さを学びました。小学校最後の記録会で良い思い出になりました。(Nさん)

○ぼくが、縄跳び記録会で頑張った事は2つあります。一つは、個人種目です。今年から一人2種目挑戦することになりましたが、その内1種目で自己ベストを出すことができました。2つめは、持久跳びです。去年は4分という記録でしたが、今年は5分に挑戦しました。練習では、1度も失敗しないで5分間続けることが3回できていましたが、本番では、半分の2分30秒でつかえてしまいました。でも、すごく楽しかったです。楽しく、みんな笑顔で終われて良かったです。(Sさん)

○ぼくが縄跳び記録会で頑張った事は、持久跳びです。始めて2分ほどで、すごくふくらはぎが痛くなりました。でも頑張って続けていたら5分間失敗せずに跳ぶ事ができました。その他に大縄で225回も跳ぶ事ができました。練習では205回が最高記録でしたが、それより20回も多く跳ぶ事ができました。とても嬉しかったです。歴代の記録も全て上回る事ができました。(Eさん)

○ぼくの学んだ事の一つ目は、努力すれば全部自分の力になることです。練習を真面目にやっていたら全ての種目で自己新記録を出すことができました。また、今年は練習の時から本番の時も含めて、5分間跳びを5回もクリアできたので嬉しかったです。二つ目は協力することです。みんなで協力して大縄を跳んだら、学級の新記録と歴代の新記録を出すことができました。心に残る最高の記録会になりました。(Kさん)

○ぼくが縄跳び記録会で頑張った事は、大縄跳びです。僕たちは練習では205回が最高記録でした。ですが、本番当日には、225回跳べ最高記録でした。しかも、それが歴代最高記録だと聞いてとても驚きました。それと同時に、うれしさもわき上がって来ました。今年の縄跳び記録会が、小学校最後だったので良い思い出を作れて良かったと思います。(Yさん)

 子供達は、縄跳び集会を通して、大きな成就感を感じたようです。これが次へのエネルギーを生んでいくことと思います。

花丸 校内縄跳び記録会、頑張りました!

 2月10日(金)、校内縄跳び記録会がありました。(記事掲載大変おそくなりました。すみません。)この日に向けて、朝の時間や体育の時間に練習を積んできました。この縄跳び記録会について、教頭先生は次のような事を書いています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 子供達の縄跳び大会に向けた取り組みは、すばらしい結果と共に大切な事を改めて気付かせてくれました。それは、目標を持ってそれをしっかり意識する大切さ、そしてみんなで力を合わせることの大切さです。どちらも、目に見える形で準備しておく事で、今回の良い結果につながったのだと思います。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 教頭先生の書いてくださった文章のとおり、子供達は、個人種目でも団体種目でも素晴らしい成績を残すことができました。これも、目標をしっかり持って練習してきたこと、そして、学級のみんなと心を一つにして頑張った結果だと思います。 最後の団体種目の長縄跳びでは、各学級とも大きな声で目標を言い、円陣を組んで臨みました。とんだ回数を大きな声で数え、たとえミスをした友達がいても「ドンマイ」の声を掛け合っていました。素晴らしい縄跳び記録会になりました。
 ↓ 子供達は、個人種目2種目で自己ベストを目指しました。
 
 
 
 ↓ 団体種目の長縄跳び、3分間で何回跳べるかです。結果、1,2年生113回、3,4年生124回、5,6年生225回。尚、5,6年生の225回は、校内新記録です。
(1,2年生) 3分間で113回
  
(3,4年生)3分間で124回 
  
(5,6年生) 3分間で225回(校内新記録)
 

花丸 福寿草が咲いていました。

 2月13日(月)、暖かな日です。日差しもなんだか春めいています。午後、学校だよりの配布を各地区の区長さん宅にお願いにいきました。すると、門鹿地区の樋ノ口の土手の雪がすっかり消えているのが見えました。もしやと思い近づいて見ると案の定、「福寿草」がかわいらしい花を咲かせていました。春を見つけました・・・。
 

晴れ 素晴らしい天気の下、一週間が始まりました。

 2月13日(月)快晴。朝7時40分の気温は-2度。素晴らしい天気の下、一週間が始まりました。
 ↓ 真っ青な空の下の今朝の瀬川小学校
 
校庭に積もった雪は、表面が凍っていて、いわゆる「かた雪」の状態。だれも歩いていない雪の上を歩いて見ると、先週末に校庭を訪れたであろうお客さまの痕跡が・・・・・
 ↓ 一直線に校庭を横切った足跡。犬でしょうか。近くに人の足跡はありません。一匹で散歩したのでしょうか。
 
 ↓ 犬の足跡であろう近くをようく見ると、梅マーク。ネコの足跡でしょうか。まさか、犬とネコが連れ立って散歩していたのではないと思いますが・・・バックネット近くには鳥と思われる足跡もみられました。なんか楽しいですね。
  
 4年生の理科では、様々な生きものが、それぞれの形で冬越しをし、命をつないでいることを学んで行きます。子供達が春から継続的に調べている校庭の桜やユキヤナギ、モクレンなどの植物も葉を落とし枯れているかのように見えますが、しっかりつぼみをつけ春の準備をしています。
 ↓ 校庭のしだれ桜、ユキヤナギ、モクレン
  
 
 今朝の各教室の様子です・・・。みんな一生懸命学習中・・・。
  

花丸 第8回みん遊タイム(みんなで遊ぼうタイム)

 2月10日(金)お昼休みの時間に、みん遊タイム(みんなで遊ぼうタイム)がありました。、もっと、もっと子供達に体を動かす遊びをさせたい、異学年のつながりをもっともっと強くしたいという願いにより夏休み明けから始まった「みん遊タイム」は、今日で8回目となりました。今日の担当は3班。遊びの内容は、「増やし鬼」です。この名称を知らなかった私は、「冷やし鬼?どんな遊びだろう」と全く聞き違いからの勘違いをしていました。何のことはない、鬼にタッチされると鬼になる、つまり鬼がどんどん増えるから「増やし鬼」と言うわけです。単純な遊びですが、子供達は燃えました。ご覧下さい。
  
  
  

 このほか、今日は縄跳び集会もあり大盛り上がりでしたが、その様子は、来週お知らせします。

花丸 来年の授業スタイル(瀬川スタンダード)の作成に向けて・・・

 2月10日(金)曇り。午前8時の気温は0度でした。昨日から降った雪は、10cm程になりました。
  
 給食車が入れるように雪かきをしました。作業を終えると、養護の先生がなにやら新雪の校庭を走り回っています。そして、先生の走った後には、「ハートマーク」が出来上がっていました。「瀬川愛」です。
  
 さて、2時間目は、教頭先生が5年生と算数の授業です。今、本校ではこれからの授業のモデル作り【瀬川小スタンダード(瀬川小の授業の基本形)】を始めました。そのための提案授業です。私をはじめ担任の教員みんなが参観しました。
  
 そして放課後には、教頭先生の授業を元に、授業の瀬川スタンダードについて、みんなで楽しく話し合いを持ちました。教員にとって授業について語るのは楽しいものです。授業は「学校の本丸」です。がんばります。

花丸 伝統芸能三匹獅子舞を体験。3,4年生

 2月9日(木)雪。午前7時40分の気温は-2度でした。ちょうど子供達が学校に着いた頃から雪は降り始め、校庭はもう真っ白です。
 
 児童昇降口には、用務員さんが手作りのつりし雛と、ネズミの置物を飾ってくださいました。
ネズミの置物は、軍手でできており「かわいい」と子供達に人気です。
  
 さて、今日は、3,4年生は先週の大倉の太々神楽に続いて、石沢の「三匹獅子舞」を体験しました。講師は、保存会の加藤哲弘さんです。休み時間も音楽を流すと踊り出すほど一生懸命にそして楽しく体験しました。
↓ 休み時間も音楽が鳴ると踊り出す子供達。
  
 ↓ 休み時間も終わり、では、太鼓をつけていざ本番。踊ってみよう!!
  
  
  
 とても貴重な体験をさせていただきました。お忙しい中ご指導いただきました加藤様、ありがとうございました。

鉛筆 薬物乱用防止教室(5・6年生)

   

学校薬剤師の管野裕子先生をお呼びして,薬物乱用防止教室を行いました。
 ①薬にはいい面悪い面があること
 ②
一度でも使ったら薬物乱用からは抜け出せなくなること。

 ④身近にあるものでも使い方を間違えると乱用になってしまうこと。

 ⑤薬物は人間の脳も体をこわしてしまうこと。

 ⑥一度こわれた脳は元に戻らないこと

 ⑦さそわれても絶対にことわること。「ダメ,ゼッタイ」
などの内容を紙芝居や〇×のクイズ形式で教わりました。子供たちの真剣さは授業の感想からよく伝わります。感想を抜粋して紹介します。

〇危険ドラックや覚せい剤をなぜ使用してはいけないのか,その理由が分かった。
〇一番驚いたのは薬にはよい面と悪い面があるということだ。
〇タバコのけむりは4000種類の化学物質が含まれていて,その中の200種類は有害物質だと知り驚いた。
〇覚せい剤は1回使用するとやめられないので怖いと思った。これからは普通の薬の使い方から気をつけたいと思った。
〇覚せい剤の乱用はいけないけれど,正しく使えば医療用として役立つことが分かった。
〇タバコやお酒も間違えると薬物乱用の仲間だということが分かった。
〇大人になってもお酒やタバコはあまりしないようにしたい。
〇クイズで楽しく学べた。
〇薬物乱用は絶対にしない。

雪 雪の朝になりました。

 2月8日(水)雪。朝7時40分の気温は-1度。
 ↓ 昨夜からの雪で校庭は真っ白。移ヶ岳もその姿を隠しています。
  
 ただ、空は次第に明るくなっており、きっと、これから天気が回復するのではないかと思います。
 今日は、業間の時間や昼休みを使って、ドングリチャレンジ問題が終わっていない子が問題に挑戦します。32人全員が全て問題を終了して次の学年に進むことを目標として子供達と一緒に頑張って行こうと先生方が企画しました。
↓ 今日は、特設「ドングリチャレンジデー」です。頑張ろう!!
 
 ↓ 階段踊り場の掲示板、大事な事が確認できるよう工夫しています。
  
 ↓ 今日の子供達の学習の様子です。
  
  
   
 友達の良いところを見つけて、紹介する「ドングリカード」毎週水曜日職員室にいる先生が
ドングリの木から外して校内放送で紹介しています。紹介し終わったカードは、2階廊下につなげています。音楽室から始まったカードがどんどんつながって、廊下の突き当たりまでいき、そこから折り返し、今は1,2年生教室まで届いています。スタート地点の音楽室まであと少しで戻りそうです。修・卒業式には会場に飾り、みんなでもう一度見る頃にしています。お客様にも見ていただく予定です。
 ↓ 「ドングリカード」、2階廊下を折り返し、1,2年教室まで届きました。
  

花丸 ドングリ夢の木がきれいに整えられました。

 2月7日(火)曇り時々雪? 朝9時の気温は0度をほんの少し上回る程度でした。
 ↓ 先ほどまでの雪で校庭は白く雪化粧。でも今は、青空が広がっています。
 
 ↓ 「どんぐり夢の木」も学年毎に並べ直し、表示を貼ってきれいに整えられました。
   (養護の先生と用務員さんがやってくださいました。)
 
 ↓ めだかの学校の先生が、子供達にと、きれいなおひな様の絵を下さいました。
 
 いろいろな人たちの気持ちで、児童昇降口はきれいに飾られています。

↓ 3,4年生は図工の時間。電動のこぎりに挑戦していました。(真剣なこの表情)
 

 昨日は、平成29年度入学生を対象とした入学説明会を行いました。 来年の入学生は7名です。
 ↓ 先輩の1,2年生に手を引かれて、校舎内探検。そして、一緒に活動を楽しみました。
みんな笑顔でうれしそう。
  
 ↓ 保護者の皆さんは、子供達が活動している間、瀬川小学校について、入学にあたっての様々な手続等について話しを聞いていただきました。不明な点は、いつでもお問い合わせください。
 

花丸 立春を過ぎ、暖かな週明けになりました。

 2月6日(月)晴れ。朝7時40分の気温は5度。暖かな朝を迎えています。
 ↓ 今朝の瀬川小学校 校庭の雪はわずかに残っています。
  
 ↓ 節分が過ぎましたので、おひな様を飾りました。(手作りのペーパークラフトです。)
 
 
 今日は、午後から入学説明会があります。

花丸 豆まき集会(今日は、節分です。)

 2月3日(金)、今日は節分。業間の時間に豆まき集会が行われました。たくさん良いところがある子供達ですが、「自分のこういう所は直した方が良いな。」と考えた所を鬼にたとえて心の中から追い出すことを誓いました。
 ↓ 追い出したい鬼を発表する学年代表の子供達。
 
 その後は、豆を蒔いたり拾ったり、楽しい時間を過ごしました。
  
  

 ところで、子供の頃の豆まきは、とても楽しみな行事でした。豆まきの日には、近所の子供達が集まって、各家を回って歩き、豆拾いをしました。豆を拾うだけでなく、落花生やみかん、お菓子などたくさんのおやつを家々からいただきました。全部回り終わる頃には、それこそゴミ袋の大きさほどの袋がいっぱいになるほどおやつが集まります。今でも楽しかったと思い出される想いでです。
 是非、各ご家庭でも今晩、楽しい豆まきをしてください。

花丸 森林環境学習(5年生)

 2月2日(木)、5校時目に5年生は、森林環境学習を行いました。田村森林組合より渡辺さんと福島さんを講師にお招きしました。福島さんには、昨年に引き続きご指導いただきました。
 はじめに、森林の役割について教えていただきました。6年生の理科学習のテーマは、環境。森林が私達人間やその他の生きものにとって、本当に大切なものである事を学びますが、5年生の内に専門家の方々からご指導いただくことはとても有効であると思います。

 ↓ 森林は、私達の生活にとってどんな役割を果たしているのかお二人の先生に教えていただきました。
  
 その後、お楽しみの間伐杉材を使った本箱作りです。子供達は、先生方の指導、支援を受けながら生きいきと本箱作りに取り組みました。作り終わった大工さんになるのが夢というRさんが思わず漏らした感想は、「あーおもしろかった。」でした。本当に好きなんだね。
 ↓ 生きいきと本箱作りに取り組む子供達
  
   
 楽しく充実した学習ができました。田村市森林組合の渡辺さん、福島さん、ありがとうございました。  

花丸 今日は、豆まきをします。

 2月3日(金)晴れ。午前8時の気温は1度。中通りの冬は、天気の良い日が多くてとてもいいです。
 ↓ 今朝の瀬川小学校。
 
 ↓ 瀬川小学校の校庭には、常緑広葉樹の「樫(かし)」の木があります。一年を通して、緑の葉をつけています。
   
  ↓ かしの木の下には、雪の中からたくさんのドングリが、大きな木になることを目標に顔を出しています。
  
 他の人の良いところを見つけて紹介していく「ドングリの木」や「ドングリカード」、全校生が一堂に会して、算数の問題に取り組む「ドングリチャレンジ(通称ドンチャレ)」など瀬川小学校で行っている教育活動の多くに「ドングリ」の名前がつくのは、こういった訳です。そうだ!!昨日出そろった32人の夢の木の名称を「ドングリ 夢の木」と言うのはどうでしょう。いつもの思いつきですが・・・。

 ↓ このシーソーの奥の土手には、間もなく福寿草が花を咲かせるはずです。楽しみです。


 今日は、明日の立春を前に、豆まき集会が行われます。

3,4年生が総合的な学習の時間で、太々神楽体験

 今日は、3,4年生が地元大倉地区に伝わる伝統芸能「太々神楽」を踊る体験活動を行いました。子供たち13名のために、保存会のみなさんが8名も来てくださって、丁寧に教えてくださいました。
 はじめは、みんなで踊り方や楽器の演奏の仕方などを習いました。
 

後半は、一人一人衣装を着させていただいて、踊り「御神囃」の発表をしました。
 

 最後に、保存会の皆さんと記念撮影。
 子ども達は、保存会のみなさんの努力のおかげで、私たちの代まで大切な伝統芸能を伝えてくださっていることを学ぶことが出来ました。、地域の皆様に、心から感謝いたします。ありがとうございました。

花丸 「瀬川夢の木」32人の夢が出そろいました!

 2月2日(木)、県内各地で荒れた天気になっているようですが、瀬川は今日も快晴です。朝7時40分の気温は-3度でした。
 ↓真っ青な空の下の瀬川小学校
 

 さて、今日は、「瀬川夢の木」32人の夢が出そろいましたので紹介します。
 
 32人の夢・・・・・・・・・・・・・
1年生
・ぼくの将来の夢は、中川さんみたいな警察官になることです。(K.Kさん)
・私は、将来、看護師になりたいです。(M.Hさん)
・ぼくは、中川さんみたいになりたいです。(K.Yさん)
・わたしは、ケーキやさんになりたいです。(H.Sさん)
・私は将来看護師になりたいです。(M.Hさん)
2年生
・将来私は、看護師になりたい。(M.Hさん)
・私の夢は、お医者さんになることです。(Y.Sさん)
・私は、将来看護師になりたいです。(N.Iさん)
3年生
・小学校の先生になりたい。(K.Tさん)
・マッサージ師になりたい。(T.Mさん)
・僕の夢は、大工です。(T.Sさん)
・野球選手になりたい。(S.Yさん)
・コンビニを経営する。(R.Iさん)
・幼稚園の先生。(H.Sさん)
・コンビニの店員になりたい。(K.Iさん)
4年生
・私の夢は、看護婦になることです。(M.Yさん)
・看護師になりたいです。理由は、人を助けたいからです。(K.Hさん)
・花やさんになりたい。(R.Mさん)
・保健室の先生になったり、剣道の先生になりたいです。(M.Hさん)
・私の夢は、ダンサーになることです。(M.Iさん)
・私の将来の夢は、ピアノの先生になることです。(A.Tさん)
5年生
・パティシエになりたいです。(M.Kさん)
・消防士になりたいです。(H.Oさん)
・お父さんの田や畑をつくる。(S.Iさん)
・大工になることです。(R.Sさん)
・私は、雑誌の編集者です。(R.Kさん)
・僕は、ゲームクリエーターになりたいです。(S.Sさん)
6年生
・サッカー選手になること。(S.Kさん)
・科学者になりたい。(E.Wさん)
・ゲームのキャラクターデザイナーになりたい。(Y.Kさん)
・祖父と祖母の畑を受け継いでおいしい野菜を作りたい。(N.Mさん)
・警察官になりたい。(K.Mさん)

 32人の夢を教えてもらいました。ありがとう。その夢がかなうよう先生たちは応援します。みんなで協力しながら一生懸命勉強したり運動したりしましょう。そして、この夢はこれからどんどん変わっていくことと思います。4月になったら、また、「私の夢は・・・」という風に聞かせてください。

花丸 租税教室(5,6年)

 1月31日(火)、5校時目に5,6年生を対象とした租税教室が行われました。講師は、田村市役所税務課の櫻田様でした。 日本国憲法において、「勤労の義務」、「教育の義務」、「納税の義務」は、国民の三大義務として定められています。「税金がこの世からなくなったら、どんな社会になるのか。」などついて考えながら、税金の大切さを学んで行きました。
 ↓租税教室の様子
  
 
 ↓そして、見たこともない1億円の束を持たせてもらいました。(勿論、レプリカですが・・・。)
 
 1億円あれば、みんなの為にどんな事ができるだろう。
 
 この授業を通して、税金を納めることの大切さ、そして、その税金がみんなの為にしっかり使われているか見守っていくことの大切さを学びました。

晴れ 2月になりました。

 2月1日(水)快晴。朝8時の気温は2度。今日も太陽がまぶしい朝です。

 ↓ 校舎上空に、狼煙のような昇竜の様な珍しい形の雲が見えます。
  
 ↓ 児童昇降口では、用務員さんが「瀬川夢の木」の枝を貼ってくれています。この枝には、他の人の良い所を見つけて書く「ドングリカード」を貼って行きます。瀬川夢の木は、あと6人の人の夢が貼られると完成です。今日、明日には実現しそうです。出来上がりましたら、本ホームページでも紹介していきます。
 
 ↓ 理科室の窓辺には、5年生が中心になって育てているパンジーがきれいな花を咲かせていました。卒業する6年生や今年一年お世話になった方への感謝を込めて送るのだそうです。いいですねー。
  
 ↓ 今日は、3,4年生の教室を覗いて見ました。算数のまとめの問題を行っていました。みんな一生懸命です。
  
 
 今日から2月・・・・。平成28年度の登校日も今日を入れて36日になりました。