こんなことがありました!

カテゴリ:事務室

花丸 花と緑の持つ力を信じて

     

色とりどりの衣装をまとった移ヶ岳が青空に映えています。

今年も公益財団法人花と緑の農芸財団「花の輪運動」に応募し、パンジー・ビオラ・ノースポール・キンギョソウ合わせて300株の花苗をいただきました。また教職員共済生活協同組合からもチュ-リップの球根100球とプランターや培養土が届きました。瀬川地区から助成していただいた環境整備費でパンジーの苗を追加購入して持久走記録会後に全校生で花苗の植え付けをしました。千日草やマリーゴールドで彩られていた花壇でしたが、用務員の齋藤さんや保健環境委員会の児童を中心に整地していただきました。「命の大切さ」や「花や緑の持つ力」を児童に知ってもらいながら、来春きれいな花が咲き誇り「豊かな校庭」になることを信じて待ちたいと思います。50個の植木鉢と10個のプランターに植えつけたパンジーは、卒業式の会場を飾ったり卒業生やお世話になった地域の方々に届けたりするために、5年生が中心になって育てていきます。卒業式もまた楽しみになりました。

晴れ 花の苗を植えました


  
 「公益財団法人 花と緑の農芸財団」で行っている「花の輪運動」に応募したところ、昨年に引き続き当選し、バンジー100株、ビオラ100株、ノースポール50株、キンギョソウ50株、合計300株の花の苗が届きました。
 黄花コスモスやマリーゴールド・千日草できれいに彩られていた花壇でしたが、来年の春に向けて模様替えです。30日に行われた持久走記録会の後に、300株の苗を全校生で、やさしく、大切に花壇に植えつけました。「命の大切さ」を知り「花と緑の持つ力」を信じて、来春にはきっときれいな花々が花壇を彩ってくれる日が来ることを、全校生で待ちたいと思います。