こんなことがありました!

2018年1月の記事一覧

体育専門アドバイザーの先生と なわとびの学習をしました。

129日(月) 晴れ

 今日は月曜日、1週間の始まりの日でした。とても爽やかな日差しと共に、県中教育事務所から、体育専門アドバイザーの水野先生が来て下さいました。

 瀬川小学校の全校生が、水野先生と一緒になわとびの学習をしました。

    

 5・6年生は、あいさつの後、さっそく、二重跳びの前跳びの仕方と、後ろ跳びの仕方について教えていただきました。縄を早くまわすのも大切だけど、リズムよく回せる様にする事を、具体的な練習の仕方を見せていただきました。

    

 実際に跳んで見せてくださいました。さすがです。子ども達も、練習しているうちに跳べる様になってきました。

 29日は、なわとび記録会があります。それまでに、跳べる技がもっと増えてきそうで楽しみです。水野先生ありがとうございました。

スケート教室がありました。

126日(金)晴れ

 今日も寒さが厳しい朝でしたが、気持ちの良い青空が広がっていました。
  

今日の瀬川小学校は、全児童で磐梯熱海アイスアリーナへ出かけていって、スケート教室を行ってきました。2年生以上は2回目になりますが、3人のインストラクターの先生についていただき、教えていただきながらスケートを楽しんできました。

 

     

前半は、基本動作の練習でした。56年生は、さすがです。みるみるレベルアップして、バックのスラロームにまで挑戦していました。

  時には、互いに助け合いながら、6年生も最後のすべりを楽しんでいました。

    

 お昼休みの後は、自由滑走でした。1年生から、ステップ・ステップ・スーっと、上手なものです。まだ自信のない友だちは、三角コーンにつかまってがんばっていました。

      

瀬川地区ではなかなかできないスケートでしたが、今日はたっぷりとすべりを楽しむことができました。インストラクターの先生方、本当にお世話になりました。

3・4年生 地域の伝統芸能体験学習に挑戦

1月25日(木)晴れ

 

 今朝も寒い一日でした。外の気温は-8度。平成になって一番寒い日だったという話もありました。まぶしい太陽が顔を出していましたが、それにも負けず北風さんも雪を舞い上がらせる勢いで吹いていました。顔が寒いではなく、痛い朝でした。
  

 今日の瀬川小学校は、3,4年生が地域の皆さんに来ていただいて、地域の伝統芸能体験学習を行いました。

 前半は、石沢地区に古くから残る「石沢三匹獅子」です。踊りが生まれた歴史や踊りの意味について教えていただいたあと、衣装まで着させていただいて、太鼓の打ち方や踊り方を教えていただきました。

    

 後半は、大倉地区に残る「大倉太々神楽」です。この伝統芸能が地区に残るわけや現在まで守ってきた地域の人々の苦労などについて教えていただいたあと、楽器の演奏や踊り方、こちらも衣装まで着せていただいて体験をさせていただきました。

     

 今年で2年目の学習となる4年生は、昨年学んだことを思い出しながら、踊り方の意味や、手足を動かす順番など、友だちに進んで教える姿も見られました。3年生は、初めての踊りをきれいな衣装まで着て踊ることができてとても楽しかったと話してくれました。
   

 本日の体験学習のために、地域の皆様が言葉で教えるだけでなく、伝統を引き継ぐものの熱い思いまで教えていただいたように思います。石沢地区の加藤様、そして、大倉地区の橋本様、保存会の会長様はじめ会の皆様、お忙しいところ本当にありがとうございました。

 

<おしらせ>

 明日の瀬川小学校は、全校スケート教室です。お知らせを見ながら持ち物を確認して、元気に楽しくスケートができるようにしましょう。くれぐれもお弁当を忘れないように。

今日は、ご飯をしっかり食べてゆっくり休みましょう。保護者の皆様の御配慮をお願い致します。学校には、14:30帰校予定です。14:50には、一斉下校する予定です。何かありましたら学校までお問い合わせください。

6年生 思い出作りタイム①

124日(水)雪 後 晴れ

 

 今日も寒さの厳しい一日になりました。

 今日は6年生が、校庭に積もった雪をテーマに、思い出作りタイム①がありました。

 瀬川小学校だからこそできる、思い出に残るようなものは・・・。

 

    ということで、

かまくら作りになりました。5年生も力を合わせて、先輩達と協力して、思い出の写真を撮りました。
   

 
 タイトルは、「瀬川の雪と私と仲間達」

大雪になりました。

123日(火) 晴れ

 今朝は、昨日の南岸低気圧の影響でしょうか、瀬川地区もおよそ35センチの積雪となりました。

 危険な雪道を想像して学校に来て見ると、面川先生が雪掃きをして下っていました。教職員の駐車場、北側の駐車場から給食車の搬入口、校庭を歩く子ども達の道まできれいに作ってくださいました。大変助かりました。

    

また、子ども達が登下校で歩く道を、たくさんの地区の方が雪掃きをしてくださいました。おかげさまで子ども達は、たくさん降った雪にもかかわらず安全に登校することができました。そして、学校では雪遊びができて大喜びでした。
   
 地域の皆様、感謝申し上げます。午後にはまた雪のようです。また、よろしくお願い致します。

 

 さて、先日の月曜日には、業間の時間に、全校集会がありました。
   
 全校集会では、先日、十七文字のふれあい俳句で表彰された友達を、校内でも全校生に紹介し、表彰式を行いました。また、生徒指導の先生からは、須賀川市で起きた「いじめによる悲しい事件」についてのお話がありました。前に、校長先生から「瀬川の子どもは、いじめはしない、させない、見逃さない、そして、ゆるさない」という約束の話があり、みんなで守っているところです。そういう努力をさらに続けて、さらに楽しい瀬川小学校にするために、
3つの話がありました。①仲間意識をもとう。私たちはみな同じ小学校で学び合う仲間であるということです。②人の役に立とう。学び合う仲間は、仲間の為に行動できるようにして、ありがとうをたくさん言われる人になろうという事です。③悪口やからかいは×。真の仲間は、お互いにていねいな言葉や楽しい言葉を心がけるようにしましょう。言葉は人をつくるといわれています。

 さらに、家庭学習についてのお話もありました。休み明けにみんなに配られた、「家庭学習スタンダード」についてです。これから先、家庭でどれだけ学習できるかは、その後の生活の中でとても大きな意味を持ちます。この資料を見ながら、自分の学習の仕方を覚え、より良い学び方を身につけましょう。この資料は、中学3年生まで使うことになっています。いつもでも活用できるようにして、きちんと保管しましょう。

 短い時間でしたが、とても大切な話でした。児童のみなさん、御家族の皆様、御家庭でもぜひ話題にしてください。

病院 インフルエンザにご注意ください

 インフルエンザ注意報が出ている中,船引中学校区での感染者数も増加しています。
学校では手洗い・うがい・マスクの着用を呼びかけているところです。
 マスクについては,登校時から
お子様にマスクを着用させていただけますようお願いします。特に路線バスを利用する場合,バス内でのマスク着用が感染予防に効果的です。
 また,かぜ症状がある場合は無理をせず,家庭での静養をお願いします。
色が濃いほど流行している地域です。

生まれたての子牛の見学に行ってきました。

119日(金) 晴れ

 昨日の朝は、昨晩に降った雪を朝の太陽が照らし、移ヶ岳は少し霞みがかった風景が見られました。とても幻想的な風景というのでしょうか、思わず写真をとってみました。寒さの中に少しだけ暖かさを感じる朝、通学班長さんはいつものように低学年の子ども達の安全を見守りながら登校しています。6年生もあと四十数日になりました。

       

 今日の昼頃、突然、面川先生が学校に来て牛の出産が始まったことを知れせに来てくださいました。この春、牛さんの見学をしていた12年生は、給食の後、さっそく見に行ってきました。牛小屋に着いたときはもう子牛が生まれていました。生まれたての子牛から湯気がもくもくと立ちのぼっていました。
      
お母さん牛が一生懸命に子牛をなめていて、よく生まれてきたねといってかわいがっているように見えました。子ども達も「かわいいね、かわいいね。」と何度も言いながら、母牛が子牛をなめる様子をじっと見ていました。子牛さんが顔を上げて立とうとすると、「がんばれ、がんばれ。」子ども達も大声で応援していました。母牛と子牛の姿をじっと見つめながら、こうして、わたしたちもお母さんやお父さん、家族に見守られて生まれてきたことを思い出したように見えました。
隣の部屋には、今朝生まれたばかりの子牛さんもいました。かわいいですね。

今日の見学は、大切な「命」の勉強になりました。面川先生、ありがとうございました。

1年生のお店屋さん、最後のどんぐりチャレンジデー

1月17日(水)

 今日は1月というのに、雨の1日となりました。

 1年生教室では、お店屋さんが開店していました。かわいい子ども店長さんが、開店の案内とお小遣いをセットで案内に来てくれたので、さっそく出かけてきました。

    

魚屋さん、昆虫やさん、パン屋さん、果物屋さん、など、子ども達が考えたお店は、とても楽しいものばかりで、いったときにはもう売り切れでした。

全部売り切れた友だちはとてもうれしそうでした。2年生の友だちや先生方もたくさん来てくださって、楽しい学習になりましたね。

 

 放課後は、どんぐりチャレンジタイムがありました。

 今年度、縦割り班でやるのは最終回になります。サポートティーチャーの堀越先生も来て下さり、みんなやる気満々でスタートです。

    

 はじめの100ます計算では、前回よりも制限時間内にクリアする友だちが増えてきました。短い時間でしたが、みんな一生懸命に集中して取組むことができました。
   

 堀越先生も最終日でしたので、ごあいさつをいただきました。

今年度もたくさん助けていただき、本当にありがとうございました。

ドッヂビー教室がありました。

116日(火)晴れ

 今日は昨日と比べると、だいぶ寒さが緩んだ一日となりました。

 今日の瀬川小学校は、5校時目にドッヂビー教室がありました。

 ハッピーディスクプロジェクトより、長峰様、新妻様の2名の指導者に来校していただきました。
 
はじめに自己紹介がありました。今回は、静岡県から長峰様、茨城県から新妻様、それぞれが御自分の仕事をお休みして、福島の子供達を元気にしたいという思いで活動していらっしゃることをお話くださいました。瀬川小学校には4年前にきていただいており、2度目の教室になりました。とてもありがたいことです。

         

 さっそく、一人一枚ずつお借りしてディスクの投げ方、とり方の練習です。簡単そうですが、まっすぐに投げる事はとても難しそうです。

   

 次ぎはゲームを通して楽しみながら投げ方の練習です。早い子はねらったところにスーッと投げていました。上手でしたね。

    

 いよいよ、ディスクドッヂゲームの始まりです。なかなか思うようには投げられません。特大のディスクが登場しました。子ども達は大騒ぎです。
 
  

結果は、低学年の部も、高学年の部も引き分けでした。

 

 次ぎのゲームは、低学年対高学年のストラックアウト合戦です。
   プレートにディスクを投げ当てて、早くナンバープレートを全部落としたほうが勝ちです。あたりそうで当たらないから、もう大変!結果は、
11敗の引き分けでした。

    

 最後に、代表の児童がお礼の言葉や感想を発表しました。

 「僕達を喜ばしてくれて・・・」と言う発表がありましたが、本当に楽しい時間をありがとうございました。プレゼントまでいただき本当に感謝の気持ちで一杯です。

   
 みんなで記念撮影です。「ハッピープロジェクト」とみんなでいったら、カメラが「パシャッ」といいました。楽しい時間が、一人一人の子ども達の心の中に残る記憶としてシャッターがおりましたね。子ども達のために、遠いところから来た下さった、長峰様、新妻様、本当にありがとうございました。

十七文字ふれあい事業 表彰がありました。

115日(月)晴れ

 今日15日は、「平成29年度 ふくしまを十七文字で奏でよう絆ふれあい支援事業 絆部門」において、「佳作」に選ばれた友だちの表彰がありました。

 1年生のK君とお母さんの 十七文字のふれあいが見事でした。
 
「しかられた だけどいえない ごめんねを」絵文字:泣く
 「寝顔見て 叱りすぎたと 手を握る」
絵文字:女性
   

 福島県教育庁県北教育事務所長様がわざわざおいでくださり、直接表彰していただきました。新聞社の方もお出でになり取材されましたので新聞にも掲載されると思います。次ぎの全校朝会でみんなに紹介したいと思います。おめでとうございました。 

 さて、週末からの寒気で、今朝の校舎窓側の温度計は-
10℃を指していました。家庭科室で水抜きした蛇口にも氷の柱ができていました。

     

 先週から始まった後期後半ですが、楽しかった出来事を紹介します。

 冬休みが終わって、子ども達の身体計測が行われています。冬休みになる前に、きちんと規則正しい生活をした人、特におやつの食べ方には気をつけて我慢した友だちには、うれしい体重の変化が見られたようです。子ども達の頑張りに拍手です。やればできますね。

 
冬休み明け、最初の「みん遊タイム」がありました。今回は2班の企画で、「瀬川オリンピック」でした。2チームに分かれていろいろな種目にチャレンジしてバトンタッチします。2年生の女子は、軽々と跳び箱をとび、見ている友達から歓声があがっていました。自信がつきましたね。

    

  最後の片付けはみんなで力を合わせてできました。力をあわせると良いことがある・・・。冬休みが終わっても、忘れずちゃんとできて立派です。

 瀬川小学校は、なんだか春から楽しいことが一杯ですね。インフルエンザなんかに負けないで、みんな、明日も元気にがんばりましょう!!!

子ども達の元気な笑顔が戻ってきました。

19日(火) 曇り後晴れ

 今日は、朝から曇りで少し寒さが緩みました。午後には日差しも出て気持ちの良い時間もありました。さて、冬休みが終わり、子ども達の元気な笑顔が戻ってきました。
 
  

 業間の時間には、全校朝会があり校長先生とお正月のあいさつをしたり、これからの生活についてのお話を聞いたりしました。休み中、お手伝いについてよくできたというお友達がたくさんいましたが、自分から進んでというと自信がなさそうでした。
      

 誰かの為になることを進んで行うことは、自分自身を磨くことにもなります。これから3月までの学習において、いろいろなまとめに取組むなかで、自分を磨くことができるよう、勉強や運動、仲間を大切にすることがしっかりとできるようがんばっていきましょうというお話でした。保護者の皆様、毎日寒い中、また、御多忙の中、子ども達への御配慮ありがとうございました。
    
 どの学年も、欠席する児童もなく気持ちの良いスタートが切れました。昼休みには、全児童がさっそく鼓笛の練習に取り組む姿が見られました。

 今年も、子ども達がしっかりと自分の目標に向かって、努力をおしまず、絶えず挑戦する姿を目指して、教職員が一丸となって取組んでいきたいと思います。皆様の御理解と御協力をお願い致します。

後期学校生活の後半が始まります。

2018年 1月5日(金)

 瀬川小学校児童のみなさん、そして、地域、保護者の皆様、
 新年 明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 さて、後期学校生活の後半が始まります。先生方は準備のため一足先に学校に来ています。教室の掃除をしたり整理整とんをしたりしながら、子ども達の元気一杯の笑顔を楽しみにしています。児童の皆さんも、久しぶりに会える友だちの笑顔を早く見たがっていることでしょう。今からドキドキしている友達もいるのかな!
     
冬休みも最後の3日となりますが、風邪など引かないようにして元気に1月9日が迎えられるようにしましょう。宿題や持ち物の確かめも忘れないようにしましょう。9日(火)から給食も始まります。お正月献立で、ご飯と正月に食べるおいしい・・・。楽しみですね。保護者の皆様、子供たちは約束を守って、お手伝いができたでしょうか。自分の事は自分でできるようになったでしょうか。休みはもう少しありますが、寒い日も続きますので子ども達の体調管理、また、学校再開に向けて準備等に御配慮いただきますようお願いいたします。