南っ子NEWS

2018年6月の記事一覧

授業参観日

本日は、今年度第2回目の授業参観日でした。

子どもたちは、自分のお父さん/お母さんの顔を見つけるとうれしそうな表情で学習に取り組んでいました。

参観後には、先日の「田村市少年の主張船引支部大会」で優秀賞に輝いた6年児童の発表を聴いていただきました。

その他に学級懇談会・救急救命法講習会・PTA各委員会と盛りだくさんの内容で、お疲れ様でした。

ねがいごと

1年生が、七夕の短冊に「ねがいごと」を書きました。

短冊は、みなみっ子タイムの時間に縦割り班で作った飾り物といっしょに笹に下げます。

身近な願いから将来の夢まで様々ですが、1年生は夢いっぱいです。

夢が叶うように、親や教師がサポートできればと思います。

 

社会科見学

3年生が社会科見学で、陸上競技場・文化センター・市役所を訪れました。

今回は「わたしたちのまちのしせつ」という単元で、どんな施設があってどんな人たちが働いているのかを見学しました。

それぞれの場所で、「どんな仕事をしているか」などのたくさんの質問に答えていただきました。

直接見学できて、新しい発見がたくさんありました。関係者の皆さん、ありがとうございました。

夏花壇

校舎前の花壇が夏の装いに替わりました。また、花壇前の敷地には芝生を張ってもらいました。

環境美化委員会の子どもたちが、毎日花壇や芝生に水やりを行っています。

芝生はまだ根付いていないので立ち入り禁止ですが、根付いたら子どもたちが遊んだりくつろいだりする場になってほしいと思います。

梅雨はうっとおしいですが、植物にとっては恵みの雨です。

 

体育専門アドバイザー

県教委から派遣された体育の教員免許を持つ体育専門アドバイザーに授業に入ってもらうことで、体育の授業改善をめざします。

今回は、1~3年生の水泳の授業に入って指導していただきました。

いつもとは少し違う授業内容に、子どもたちはノリノリで取り組んでいました。

次回は、上学年の体育の授業に入っていただく予定です。

  

暑くてもがんばっています

毎朝、登校後全校生で5分間の「朝ラン」を行っています。

気温が上がってくると5分間走るのはたいへんですが、弱音を吐かずにがんばっています。

このような取り組みに誰一人手を抜かずに真剣に取り組むのも、本校児童のすばらしいところです。

雨の日は学級毎に5分間の長縄跳びを行い、毎日続けることで体力作りに役立てています。

壁新聞作り

4年生が、国語の時間に壁新聞作りを行っていました。

「調べたことを整理して書こう」という単元で、「収集した資料を効果的に使い、説明する文章などを書くこと」をねらいにしています。

各自が調べてきたことをどのように書いたらよいかをアドバイスし合いながら、記事を書いていました。

どんな壁新聞ができあがるのかとても楽しみです。

初プール

4日にプール開きは行ったのですが、条件が整わずなかなかプールには入れませんでした。

気温の上がった今日、幼稚園から6年までの全校生が今シーズン初めてプールに入りました。

「バディ」などのプールでの約束事を確認した後水に入ると、久しぶりのプールに子どもたちに歓声が響き渡りました。

今シーズンの目標が達成できるように、水泳の学習もしっかりがんばってほしいと思います。

 

古典に親しむ

5年生が、国語の時間に古典の学習に取り組んでいました。

4年生までに俳句や短歌の学習は行いましたが、本格的な古典に接するのは初めてです。

教科書には、「竹取物語」「平家物語」「徒然草」「おくのほそ道」が紹介されています。

文語調の文章に戸惑いながらも、楽しそうに活発な授業が行われていました。

交流保育

幼稚園3園の交流保育が、芦沢幼稚園で行われました。

今年度3回目の交流保育なので、他の幼稚園のお友達とも少しずつ馴染んできたようです。

今日は、秋の運動会に向けての練習を中心に行いました。

人数が少ない分、一人一人ががんばって運動会を成功させてほしいと思います。

大収穫をめざして

5・6年生も大収穫をめざして、学級園に作物を植え始めました。

 今年は、スイカや落花生などの育成が難しい作物にも挑戦するそうです。

種から育てている作物は、もう少し育ってからの植え付けになるのでちょっと心配です。

今日の雨は、作物にとって恵みの雨となりました。

防犯教室

田村警察署生活安全課の担当の方、福島県警察スクールサポーター、七郷駐在所員の3名の方を講師にお招きして防犯教室を実施しました。

下学年と上学年に分けて実施して、声かけへの対応などそれぞれの発達段階に合わせた指導をしていただきました。

クイズ形式のDVDの活用と実演によって、子どもたちが不審者への対応を自分で考える内容でより理解が深まったと思います。

ネット犯罪へ対応を含めて、「自分の身は自分で守る」という意識を高めることができました。

少年の主張船引支部大会

16日(土)に田村市文化センターで、田村市少年の主張大会船引支部大会が行われました。

船引地区の各小学校から9名の代表の皆さんが参加し、小学生としての考えや意見を主張しました。

本校代表児童は「応援は人を想う気持ちから」という題名の主張で、優秀賞の2名に選ばれました。

8月5日の市の大会に出場できることになりましたので、船引地区の代表としてがんばってほしいと思います。

いわきデイクルーズ体験活動

15日(金)に「田村っ子元気支援事業」で、いわき方面への体験活動に行ってきました。

雨が降ったり止んだりのあいにくの天気でしたが、子どもたちからは「楽しかった」という声がたくさん聞こえました。

震災後海へ行く機会がなく、海を初めて見たという児童も多くいました。

初めて見たものや初めて分かったことがたくさんあり、貴重な体験をすることができた一日でした。

 

交流保育

13日(水)に、船引保育所との交流保育を行いました。

いつもは芦沢・緑・本園の3園での交流ですが、今回は船引保育所のたくさんの友達と交流することができました。

昨年度まで船引保育所に通っていた園児は、顔見知りの友達もいたようです。

大勢で活動できる貴重な機会ですので、これからも交流の場を大切にしていきたいと思います。

 

草花栽培活動

本日、草花栽培活動で校舎前の花壇に夏の花を植えました。

担当の先生が、花の種類の選定や配置を計画しました。

その計画に従って、1学年から6学年まで決められた場所に花を植えました。

「 学校環境緑化推進最優良校」の表彰を頂いたこともあって、子どもたちの環境美化への関心が高まっています。

少年の主張大会に向けて

16日に、田村市文化センターで「田村市少年の主張大会船引支部大会」が行われます。

本日、全校集会を開き代表児童の発表を全校生で聴きました。

発表は「応援は人を想う気持ちから」という題名で、運動会の応援団の自分が友達から応援されていたことに気づいた経験から主張したい内容をまとめています。

学校代表として、自信を持って大会に臨んでほしいと想います。

オリヅルラン開花

校内の緑化に役だってくれている「オリヅルラン」です。

階段や玄関にたくさん鉢が置いてありますが、よく見ると小さな白い花を咲かせています。

葉を見ると端の方が白いタイプと中央が白いタイプと2種類あるようです。

学校にある以外にも種類がたくさんあるみたいです。植物の世界は奥が深いです。

ミニトマト植え

幼稚園の皆さんが、プランターにミニトマトの苗を植えました。

大きなプランター2つに4本の苗を植えました。

幼稚園の皆さんは、花壇のトマト、畑のサツマイモとキュウリ、プランターのミニトマトとたくさん育てます。

早く実がなって、たくさん食べられると良いですね。

水たまり解消

校庭西側の高鉄棒前と東側の桜の木の近くに、雨が降るといつも大きな水たまりができていました。

教育委員会にお願いして整地していただきました。

昨日の雨でもまったく水たまりができず、完璧な状態です。

子どもたちは水たまりに入って遊ぶことができなくなって、ちょっとがっかりかな?