南っ子NEWS

カテゴリ:保健室

歯科衛生教室

1年から6年までの全学年で歯科保健教室を実施しました。

歯科衛生士の竹内先生を講師にお迎えして、正しい歯の磨き方などを指導していただきました。

手鏡で自分の歯や歯茎の様子をチェックした後、染め出し液を使って歯の汚れを調べました。

歯を守ることの大切さを学び、「歯磨きを今まで以上に丁寧にしよう」という意識が高まりました。

歯と口の衛生週間

6月4~10日は、「歯と口の衛生週間」です。

衛生週間に合わせて、養護教諭が全校生に歯磨き指導を行います。

歯垢の染め出し液を使って磨き残しのチェックを行い、歯ブラシの使い方などを指導します。

中には磨き残しが多くて歯が真っ赤になり、自分でもびっくりしている児童もおりました。

 

 

給食の様子

新型コロナウイルス感染予防のため、給食でも注意を払っております。

手洗いは、前の人と間隔を取って次の人は赤い線に並んで待ちます。

給食をもらうときも、前の人と接触しないようにして待ちます。

食べるときも全員が前を向いて、隣の席との間隔をとって食べさせるようにしています。

初めての身体計測(幼稚園)

幼稚園のうさぎ組の皆さんが、初めての身体計測を行いました。

これからの2年間でどれだけ成長するか楽しみです。

1年生は心電図をとりました。

新型コロナウイルスの影響で健康診断が延期されていますが、これから順次実施していきます。

インフルエンザ

先週からインフルエンザに罹患する児童が出はじめました。

本日は、全校で5名がインフルエンザで欠席いたしました。

感染を防ぐために、幼稚園・小学校とも全員がマスクをして活動している状況です。

咳や発熱の症状がみられる場合は、早目に受診し医師の指示に従ってください。

元気いっぱい

写真は、4年生の体育の様子ですが、昨日・今日の暖かさのため元気いっぱいに半そで半ズボン姿の児童も目立ちます。

一方、冬特有の胃腸炎に感染したとみられる児童が3名となりました。

今週末には寒気が入り本格的な冬の訪れとなりそうで、インフルエンザなどの感染症の流行も懸念されます。

感染症予防には、衣類による体温の調節とうがい・手洗いが大切ですのでご家庭での配慮もお願いします。

身体計測・健康診断

年度初めに、順次身体計測と健康診断が実施されます。

身長や体重の測定の他に視力検査・聴力検査を行います。

今後、学校医の先生よる内科検診・歯科検診・眼科検診・尿検査・心電図(1・4年)が予定されています。

結果をご家庭にお知らせいたしますので、異常があった場合はすぐにお医者さんの診察を受けてください。

 

予防が大切

本日は、インフルエンザによる出席停止児童が9名・風邪症状による欠席児童が4名(内幼稚園児1名)という状況です。
そのうち1・2年生が10名ですが、月曜日から横ばいで現在のところ流行の拡大は見られません。
「予防のためにどんなことに注意しているか」を各先生方にインタビューして、保健委員会の皆さんがまとめて保健室前の掲示板に掲示しました。
先生方と保健員会の皆さんの予防法が書かれていますので、参考にしてこれ以上インフルエンザが蔓延しないようにみんなで気をつけていきたいと思います。

インフルエンザへの対応

本日、インフルエンザによる出席停止の児童が5名、風邪症状での欠席児童が8名という状況です。  
1・2年生に多いので、1・2年生は「金曜日まで13:30下校」とします。その間のお迎えをお願いします。
このことについてのお知らせ(プリント)を配付いたしましたので、ご覧下さい。また、Eメールでも配信しております。
授業中もマスクをして予防に努めておりますが、ご家庭でも「うがい・手洗い」を頻繁に行うなど予防に努めてください。
少しでも咳や熱の症状がみられる場合は登校させず、
受診していただきますようお願いいたします。

けんこうくじ

保健室前の掲示番に、1月らしく健康を占う「けんこうくじ」が登場しました。
くじをめくると、健康に関する注意事項などが書かれています。
書かれている注意事項を守って、今年も1年元気に過ごせるといいと思います。

南地区学校保健委員会

24日(金)に船引南地区学校保健委員会を開催いたしました。
南地区の3校の養護教諭・保健主事・体育主任と学校医・保健師・主任児童委員の方に出席していただきました。
今回は、児童生徒の肥満化傾向の問題とフッ化洗口等の齲歯予防に関することを中心に話し合いました。
3校で話し合うことで共通の取り組みを確認して、今後の指導に生かしていきたいと思います。

虫歯予防週間

11月8日が「いい歯の日」ということで、今月は虫歯予防に力を入れております。
先日も4年生・5年生で「歯科保健教室」を実施しました。
保健室前の掲示板には、大きく口を開けた学年毎の「サウルス」が掲示してあります。
虫歯予防週間中に家で歯を磨いた人は、保健の先生から「牙のシール」をもらい自分の学年のサウルスの口に貼るそうです。
どの学年のサウルスの牙がたくさん揃うか楽しみです。

目を大切に

10月10日が「目の愛護デー」ということで、10月の保健の目標は「目を大切にしよう」です。
保健室前には、目をいたわるための「まゆげ」「まつげ」「まぶた」「なみだ」の役割を説明した掲示がなされていました。
楽しい掲示物を見て、目の健康に関心を持ってくれたことと思います。

楽しい掲示物

保健室前の掲示物です。
左側は、ケガをしている絵に下に下がっているクリアボードを当てるとケガの応急手当の方法が分かります。
右側は、牛乳パックをひっくり返すと手当ての基本が絵で理解できるようになっています。
子どもたちが、実際に触りながら楽しんで理解できるように工夫された掲示物です。

虫歯の予防と治療


写真は、夏休み前に行った「虫歯予防教室」の様子です。
幼稚園から6年生まですべての学級で、虫歯予防のための教室を実施しています。
虫歯予防のための知識や歯みがきの仕方について指導します。
本校は、残念ですが虫歯の治療率がやや低く、個人差が大きいのが実態です。
虫歯のあるお子さんは、ぜひ夏休み中に治療していただきますようにお願いします。

健康チェック

下の写真は、夏休み前の保健室前掲示物です。
『「さとう」のとりすぎに注意!』ということで、「砂糖をとりすぎると健康に悪影響が出ること」「特にジュースの中にはたくさんの砂糖が入っていること」の注意を呼びかけています。
夏休み、暑いからといってたくさんジュースを飲み過ぎないように子どもも大人も注意したいと思います。
ビールも飲み過ぎはだめかな?