こんなことがありました!

2019年1月の記事一覧

雅楽(ががく)の教室

 1月29日(火)、全校児童(幼稚園もいっしょ)を対象に、「雅楽(ががく)の教室」を開催しました。
 講師は、本校教員で祢宜(ねぎ)の資格も持つ渡辺雅子の他、5名の方々にお願いしました。6年生の音楽の教科書にも雅楽が掲載されており、6年生は教科書持参で参加しました。
 演奏を聴いたり、演奏に合わせて「越天楽今様(えてんらくいまよう)」を声に出して歌ったりしました。
 雅楽で使われる楽器も体験し、吹くもの三管(さんかん)、たたくもの三鼓(さんこ)に触れることもできました。講師の皆様、楽しく、ていねいに教えていただき、ありがとうございました。

 左写真 まずは「雅楽について」の講義

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

演奏に合わせて歌っています        その名も「太鼓」という大きな楽器。本校の雅子先生がリード

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6年女子 音の出し方を教わっています。      6年男子 呼吸を整えて体験! 音が出ています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

金属製の打楽器・鉦鼓(しょうこ)を体験。     鞨鼓(かっこ)といわれるたいこを体験。

 

6年女子 篳篥(ひちりき)という管楽器を体験しています。

 子どもたちの興味深そうな顔、真剣な表情、そして笑顔を多く撮ることができましたので、ホームページにも多くの写真をアップさせていただきました。

 

 

 

 

 

全国学校給食週間 標語

 1月24日から1月30日まで、全国学校給食週間です。
 文科省によると、戦後、食糧難による児童の栄養状態の悪化を背景に学校給食の再開を求める声が高まり、昭和21年にアジア救済公認団体から、給食用物資の寄贈を受けて、昭和22年1月から学校給食が再開されたとのことです。
 そして、東京都内の小学校で給食用物資の贈呈式が行われ、この日を学校給食感謝の日と定め、1月24日から1月30日までの1週間を「学校給食週間」としたそうです。

 本校では、給食週間を受けて、下学年はイラスト、中・上学年は標語に取り組んでもらいました。
 「給食」はもちろん、「食べ物をいただく」という視点から、いいな、と感じた標語を紹介します。

 「だいじにね ひとつぶひとつぶ かんしゃして」です。

 担当からのコメントは、「お米を作ってくださる方々、料理してくださる方々、みなさんに感謝ですね。」でした。
 もう一点。「食べるまえ いただきますと かんしゃする」 あたりまえですが、全くその通りだと感じました。

 

除雪 ありがとうございます

 1月26日(土)朝、雪が積もっていました。
 午後から学校へ来ると、入り口や給食運搬車出入口、駐車場まできれいに除雪してありました。寒い中、ありがとうございました。

 芦沢小学校長・芦沢幼稚園長 湯浅伸二朗

6年・5年 体育(跳び箱)

 1月25日(金)4校時目、5年生と6年生は体育で、跳び箱運動を頑張りました。
 開脚跳び、かかえ込み跳び、台上前転に加え、首(頭)はね跳びなど、高度な技にもチャレンジしていました。

 

 

 話は「目と耳で!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みんなで準備!                      閉脚でも足がすっと抜けました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイミングも決まった!                  着地も決まりそう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分や友だちの動きは、即、モニターチェック!       演壇で練習!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

台上前転をクリアーし、首(頭)はね跳びへ・・・      首(頭)はね跳び!

 

「地域社会に学ぶ」体験教室 その2 6年生

 1月24日(木)午後、2回目の「地域社会に学ぶ」体験教室で、6年生が学習しました。学区内の大昌寺に出向いた児童は、茶の湯と写経を体験しました。
 おごそかな雰囲気の中、緊張の面持ちでしたが、おいしく、また、心を落ち着ける時間となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

図書室「おりがみ教室」

 1月23日(水)昼休み、図書館支援員の渡辺先生による「おりがみ教室」を開催しました。「ペンギンのフォトスタンドを作ろう」という内容で、全学年の児童が参加しました。
 友だちに教え合いながら、楽しく活動できました。 

 

 

 

 

 

 

 

 

幼稚園 交流保育に向けて

 近日、芦沢幼稚園で、今年度最後の船引地区幼稚園交流保育(船引南幼稚園・緑幼稚園との合同保育)が行われます。その日に、両幼稚園のお友だちにプレゼントする、「めだる型キーホルダー」を作っています。お友だちの喜ぶ顔を思い浮かべながら作っています。

「地域社会に学ぶ」体験教室 6年生

 1月17日(木)午後、6年生が、「地域社会に学ぶ」体験教室で学習しました。船引南地区幼・小・中連携事業の一環で、船引南中学校の1・2年生、船引南小学校の6年生とともに、各会場に分かれて学習しました。
 本校児童は、大正琴(会場・南中)、エコクラフト(会場・南小)、茶の湯、座禅(会場・どちらも大昌寺)に参加しました。講師は、地域の方々です。あたたかなご指導、ありがとうございました。
 また、南小のお友だちや南中の先輩たちと行動を共にすることで、子どもたち同士の関係も深まったと思います。率先して活動する中学生の姿にも、学ぶことはあったようです。
 2回目は、1月24日(木)に行われます。

 

 

 

エコクラフト、集中!      座禅が終わり、ほっと一息。   お茶、いただきました。

1年生 5校時目

 1月16日(水)、1年生5校時目の授業は、用事があった担任に代わって、校長が担当しました。昼休みのうちに担任が準備した算数や国語のプリント学習に取り組みました。習ったことを一つ一つ確認しながら、各自、ていねいに学習を進めることができました。
 インフルエンザの児童もいますので、学級ごとの給食や清掃で感染防止に努めていますが、ご家庭でも、学年を問わず、体調管理につきまして、よろしくお願いいたします。

PTA教養・広報委員会

 1月15日(火)、夜7時から、PTA教養・広報委員会を行いました。委員会の内容は、今年度2回目の発行となる芦沢小学校PTA会報「白百合」(通算112号)についてです。編集や校正など、よろしくお願いします。
 寒く、また遅い時間にもかかわらず、PTA専門委員の皆様にはお集りいただき、ありがとうございました。