都路中学校の活動記録を掲載します。どうぞご覧ください。

2017年6月の記事一覧

職場体験(1・2学年)を実施しました

 6月29日(木)、1・2年生は「職場体験」を行いました。今年も、都路地区にある12の事業所のご協力を得て、実施することができました。
吉田水産  
吉田水産              田村市復興応援隊
 
都路郵便局             田村消防署都路分署
 
ファミリーマート田村都路店     都路農場
  
泰平食堂               JAさくら都路支店
 
都路こども園           都路小学校
 
渡辺豆腐店             みやこじスイーツゆい
 
 今日は暑い一日でしたが、一人ひとりが真剣な表情で、一生懸命に職場体験に臨んでいました。また、「地元の子どもたちのために…」という、地域の方々の熱い思いを強く感じることができました。仕事を体験するだけではなく、事業所の皆様の様々なお話をうかがうことのできる貴重な機会ともなりました。本校では、「夢や志をもつ生徒」の育成のために、今後もキャリア教育の充実に努めてまいります。各事業所や地域の皆さま、ご協力誠にありがとうございました。
0

体力テストを実施しました

   
 28日の5・6校時、「体力テスト」を実施しました。握力、上体起こし、長座体前屈、反復横とび、ハンドボール投げなどの種目があり、後日一人ひとりに全国平均をもとにした評価が出されます。昨年度は、A判定の男子が8名、女子が13名でした。少しでも良い記録を出そうと、頑張る子どもたちの姿が見られました。
0

「田村市英語が使える人材育成事業」への参加

 田村市では、未来を担う中学生に、国内外において異文化の理解や外国人との交流の機会を与え、その体験を通じて国際性豊かな人材を育成するとともに、積極的に英語でコミュニケーションを図ろうとする態度を育成する目的で、本事業を行っています。
 その一つが、海外派遣研修(アメリカ・マンスフィールド)です。こちらには、今年度都路中生からの応募はありませんでした。そして、もう一つが、夏季英語研修(ブリティッシュ・ヒルズ)です。こちらには、都路中から5名(1年生3名、2年生2名)の参加希望があり、定員内であったため、全員の参加が決定しました。7月13日には、参加生徒を対象とした事前研修会が行われます。
 チャンスをつかみ、失敗を恐れずにチャレンジして、自分の殻を打ち破る(チェンジする)都路中生がさらに増えてくれることを期待しています。
0

全校朝会で「長崎派遣」の話をしました

 26日(月)8時10分からは、6月2回目の全校朝会を開きました。校長からは、「4月から今日までの約3か月の間、どんなことを学んだか、どんな目標を達成できたか、課題は何かを一人一人が振り返ってほしい」という話をしました。また、「都路中は、『志をもつ生徒』を育てる学校。『志』とは夢を実現するために、今どんな学びや進路を選択しなければならないのか、道筋を描いて行動する力のこと。都路中生には、『志』を抱いてこの学び舎を巣立ってほしい」と改めて伝えました。さらには、心の眼を開いてチャンスをつかまえる。失敗してもいいからチャレンジする。そうすれば、自分の殻を打ち破ることができる(チェンジできる)」ことを伝えました。
 また、「長崎派遣」の話もしました。「長崎派遣」については、下をクリックしてご覧ください。
 
長崎派遣参加要項.pdf
 参加志願書.pdf

 全校朝会では、2年生男子の立派な意見発表もありました。下をクリックしてご覧ください。
 
全校集会2年男子意見発表.pdf

     
 

0

「第1回いわき志塾」に参加してきました

 24日(土)、いわき市教育委員会主催「第1回いわき志塾」に、都路中生17名が参加しました。内閣府、経済産業省、文部科学省などで活躍されている10名の講師の生き方や志について話を聴き、学んだことをグループごとに発表するといった活動を体験しました。最初は少し緊張していたようでしたが、いわき市の中学生と徐々に打ち解け合い、いずれのグループにおいても、都路中生が自分の役割をしっかりと果たして、約150名の人たちの前で発表することができました。また、いわき市教育委員会の吉田尚教育長さんから、参加者全員の前で都路中生を紹介していただき、温かい拍手を会場の皆さんからいただきました。

  
  
     

(生徒の日記より)
3年男子:「今日は『いわき志塾』があった。いわき市内の中3生はいろいろなことを考えていて、とても刺激になった」
2年女子:「今日は、『いわき志塾』に行きました。意外に楽しく、また行きたいなと思いました」
2年男子:「いわき志塾は緊張したけど、友達ができてよかったです」
1年女子:「今日は『いわき志塾』だった。道の駅などで楽しく過ごし、午後はいわきの中・高生と頑張った。「勇気をもって」、「広い視野で」、「積極的」など、とても勉強になった」
 
 「いわき志塾」閉会後の表情や日記から、一人ひとりがこの体験を通して、何かをつかんだと感じました。9月には、本校独自で田村地区の各方面で活躍される方々をお招きし、「都路志塾」を実施する計画を進めています。今回参加した17名が中心となって活躍してくれることを期待しています。
 
 いわき市教育委員会の皆様、誠にありがとうございました。

※「第1回いわき志塾」の講師は、下をクリックしてご覧ください。
 第1回いわき志塾講師一覧.pdf

※馳浩衆議院議員(前文部科学大臣)も、「はせ日記」というブログに「第1回いわき志塾」のことを書いてくださっています。(下をクリックしてご覧ください)
 https://ameblo.jp/hase-hiroshi/page-2.html#main

※「第1回いわき志塾」の様子は、「いわき生徒会長サミットHP」及び「いわき生徒会長サミットFacebook」からもご覧ください。(下をクリックしてください)
 http://www3.schoolweb.ne.jp/weblog/index.php?id=0740002
 https://ja-jp.facebook.com/iwaki.summit/

※6枚目の写真は、3月まで古道小教頭を務められていた林先生(現いわき市教委)とのスナップ写真です。
0

「箏(そう)」の授業がありました。

  
 今日の1年生の音楽は、「お箏」の特別授業のために、吉田淳子先生が来校してくださいました。3時間目は箏の構造や歴史について、4時間目は淳子先生の演奏で「六段の調」を鑑賞し、初段の冒頭部分を自分たちで演奏、そして5時間目は「ヒキ色」や「裏連」といった箏の奏法も交え、「さくら」を演奏するという、とても内容の濃い3時間となりました。正座をし、お稽古の挨拶をする場面では、普段は見せないキリッとした表情を生徒たちは見せてくれました。
 日本の伝統文化を学ぶ機会が少なくなっている昨今ですが、生徒たちには今日の貴重な体験を忘れずにいてほしいと思います。
0

ランニングタイムが始まりました

  
 本校の教育目標のひとつ、「心身ともに健康な生徒」の実現に向けて、「ランニングタイム」がスタートしました。今日は、全校生・全職員へ、菅野勝子先生より「ランニングタイム」の意義や目的についての説明がありました。10分間のランニングを全員が真剣に走ることができました。
0

高校説明会2日目が開かれました

  本日は、田村高校、小野高校、小高産業技術高校、船引高校の各教頭先生や教務主任の先生から、高校の特色や生徒の活躍の様子などについて、興味深いお話を伺うことができました。また、3年生は今日も積極的に質問することができました。2日間の説明会で、進路目標が明確になることを期待しています。各高校の先生方、誠にありがとうございました。
 
   
0

いわき志塾の事前学習会を行いました

 明後日24日(土)は、都路中から生徒17名(1年生6名、2年生9名、3年生2名)が「いわき志塾」に参加します。今日の放課後、その事前学習会を行いました。事前学習会では、自分の所属するチームに来る講師の仕事などについて、インターネットで調べる活動をしました。志塾に臨むにあたって大切なことは、課題意識を持つことです。「この先生にはこんな質問をぶつけてみよう」、「自分の悩みについて訊いてみよう」などといったことを準備した上で、志塾当日を迎えることが大切です。参加生徒には、家庭でも調べたり質問を考えたりしておくように伝えました。「いわき志塾」での都路中生の活躍を期待したいと思います。
 ※ 第1回いわき志塾には、下記の各省庁等から講師の方々がいらしてくださいます。
   経済産業省、内閣府、文部科学省、福島県教育庁、文化庁

   
0