都路中学校の活動記録を掲載します。どうぞご覧ください。

2015年10月の記事一覧

道徳模擬授業で研修しました

 11月2日(月)に、3年生の道徳で授業研究を行います。その授業のために、授業する先生による模擬授業を本日実施しました。先生たちが生徒役になって授業を受け、そのあと、先生たちみんなで授業の流れや指導のしかたについて話し合いをしました。生徒たちのために、よりよい授業を追究していきます。
  
0

漢字コンテストを実施しました

 10月30日(金)に漢字コンテストを実施しました。それぞれの学年で課題として出題された100個の漢字をしっかり覚えて挑みました。満点賞がたくさんでることを期待しています。ぜひ、家庭でもどのような漢字が出題されたのか、ご覧になってください。
  
0

こども園で実習をしました(3年生)

 10月27日(火)3・4校時目に、3年生が家庭科の保育の授業で都路こども園を訪問し、実習を行いました。 ねらいは、「幼児と触れ合うなどの活動を通して、幼児への関心を深め、かかわり方を工夫できる」です。
 3年生は、事前の学習と準備をしっかり行い、実習に臨みました。幼児の前でお話やダンスをしたり、校庭で一緒に走り回って運動したり、昼食の準備をしたりと、仲良く活動しました。幼児について理解を深めたようです。
◎3年委員長の感想「子どもたちが喜ぶよう工夫して準備をしました。しっぽ取りが盛り上がりました。いろいろな質問に、子どもたちが笑顔で答えてくれたのでうれしかったです。」
◎幼児の感想(校長の娘)「ダンスがかっこよかった。校庭でしっぽ取り競争をしたのがとっても楽しかった。中にお菓子が入ってたのでうれしかった。いろいろ教えてもらえるので、またこども園に来てほしいです。」
  
0

全校朝会~人はなぜ学ぶのか~

 全校朝会で「なぜ、人は学ぶのか」という話をしました。
 吉田松陰は次のように言っています。

 「人はなぜ学ぶのか。私はこう考えます。学ぶのは、知識を得るためでも、職を得るためでも、出世のためでもない。人に物を教えるためでも、人から尊敬されるためでもない。自分のため。自分を磨くために学ぶのだ

 先日、PTA県研究大会に雨貝副会長と参加したときの講演で、福島市にあるクラロンの社長が、「なぜ学のか」、次のように話していました。「脳の発達のため、大人になってからよく働く脳を作るため、また、集中力を養うため、」②「いろいろなことを学び、自分の知らない世界を知るため」③「将来の学びの基礎を作るため」

 たくさんの人が「なぜ、学ぶのか」について語っていますが、共通することは、「自分のため、自分のよりよい将来を切り開くために学ぶ」ということです。今、勉強していることは、無駄ではありません。将来なりたい職業が見つかったとき、試験に合格し、資格を取って、その職業に就けるような「学習のしかた」「集中力」「知識・知恵」が必要です。自分の輝く未来のために、今から多くのことを学び、知恵をつけておくのです。先生たち全員がみんなの学習の手助けをします。アドバイスを良く聞いて、一生懸命学習に励んでほしいと思います。

 また、全校朝会で生徒会役員、奉仕委員会委員長、学級役員の任命を行いました。やる気満々の生徒たち、たのもしいです。

0

朝食を見直そう週間運動

 今週は、第2回「朝食を見直そう週間運動」を実施しています。食に関する正しい理解と関心を高め、生活リズムを改善し、朝食摂取を基本とした望ましい食習慣の形成を図ることを目的に行います。
 29日(木)の夜は、毎日の朝食内容のチェック表を参考に、家庭で自分の反省内容や家族の朝食について話し合うことになっています。30日(金)の朝、話し合った内容を担任に提出するようになりますので、よろしくお願いします。
 健康な体を作るのは、今です。
0

10代の心の健康を守るための授業

 10月26日(月)、2・3年生を対象に「10代の心の健康を守るための授業」を開催しました。ふくしま心のケアセンター県中・県南方部センター臨床心理士岩沢裕樹先生と保健師服部德子先生をお招きし、「こまった感情」との付き合い方について話をしていただきました。感情をコントロールする方法を、具体的に分かりやすい資料をもとに教えていただきましたので、勉強や部活動などで、思い通りにならなかったときに試してみるといいでしょう。
 感情マネジメント大作戦その1:体ゆるゆるリラックス
 プレッシャーを感じたりストレスを感じると身体は知らず知らずのうちに力が入ります。筋弛緩法と呼吸法で、体の力をゆるめることができます。
 感情マネジメント大作戦その2:やわらか頭でいこう
 人それぞれ考え方のクセがあります。イヤな気分、辛い気分が強く出てしまうのであれば、、その考え方のクセをちょっと見直してやわらか頭にしましょう。
 感情マネジメント大作戦その3:嬉し・楽し・大好き
 「親切」というのは、してもらうと嬉しい気持ちや感謝の気持ちが出てくるので、「多いと嬉しい感情」のもとになります。でも、実は「親切」をしてあげる側もいい気分になれるのです。
  
0

数学ジュニアオリンピックに参加しました

 10月25日(日)、郡山女子大学において、福島県教育委員会が主催する算数・数学ジュニアオリンピックが開催されました。都路中学校から、1年生4名、2年生2名が参加しました。数学コアティーチャーの星先生も算数・数学ゲームに主催者側として参加しました。
 飯村義務教育課長のあいさつに、「難しい問題に挑戦することは大切なこと」「この中から未来のノーベル賞受賞者が出ることを期待しています」とありました。1・2年生のうちから3年生でもなかなか解けない問題に挑戦することはすばらしいことです。新しい世界を見ることができたことでしょう。これからもいろいろな問題に挑戦していくことを期待しています。
0

学校を見ていただきました

 10月23日(木)の午後に、県中教育事務所長様をはじめ、3名の先生方が都路中学校を訪問され、授業など学校の様子を見ていただきました。指摘していただきたことを参考にし、生徒たちのために、これからも授業と教育環境の改善をしていきます。
0

感動の都路地区音楽祭

 10月23日(金)に、平成27年度都路地区音楽祭が開催され、都路中学校体育館に約60名の保護者や地域の方々にお出でいただきました。都路こども園、岩井沢小学校、古道小学校、都路中学校の子どもたちが、元気よく太鼓や歌を披露しました。都路地区が今より少しでも元気になればという気持ちが伝わったことと思います。
 特別ゲストとして、ヴァイオリニストの大谷康子さん、ピアニストの小山ゆかりさんが登場し、バイオリン演奏をしていただきました。大谷さんは今年デビュー40周年で、人気・実力ともに日本を代表するヴァイオリニストです。題名のない音楽会に300回以上出演されております。有名な曲を子どもたちのそばで演奏していただきました。300年前に作られたストラディバリウスの音色はとても素晴らしいものでした。
  
  
  
  
0

福祉体験活動(2年) 笑顔になる喜びを学びました

 10月22日(木)、第2学年を対象に福祉体験活動を「ときわ荘」で行いました。
 目的は、「福祉体験活動をとおして、思いやりの心やコミュケーション能力を養う」「資格を取るための具体的な学習の場を体験し、進路をより明確に見据える」です。
 福祉や介護についての説明を聞き、補助することなどを通して、相手を敬う心や笑顔になってもらう大切さなどを学びました。生徒たちはグループごとに、折り紙やしりとり、歌、体操などを一緒にやり、たくさん会話していました。
 ときわ荘の皆様、ご指導ありがとうございました。
  
0