日誌

活動日記

計算コンテストを行いました

 昨日、全校生を対象に計算コンテストを行いました。今回のコンテストは、数学の基礎となるものを重点的に取り上げ、基礎的・基本的な学力の定着を図るためのものです。どのクラスも一生懸命に問題に取り組んでいました。一人でも多くの生徒が「やればできる」という自信や成就感を実感してほしいと思います。

東北中学校ソフトテニスインドア大会

 山形県酒田市で開催中の大会に、女子ソフトテニス部が福島県代表として参加しています。

今日は4チーム・4ブロックでの予選リーグが行われました。

結果は、リーグ3位となりましたが、東北6県からの強豪相手に堂々と挑んでいました。

明日は、研修トーナメントに出場し優勝を目指します。

今日はテスト!

 今日は、全学年で「冬休み成果テスト(実力テスト)」が行われています。どの学年どの学級でも真剣に取り組んでいます。

【1年生】

【2年生】

【3年生】

後期後半がスタートしました!

 本日、全校集会が行われ、令和元年度の後期後半がスタートしました。今年2020年はオリンピックイヤーです。校長先生からは、「夢や目標をもち、努力することの大切さ」についての話がありました。
 その後、生徒会長からの話、育児休業から復帰されたS・R先生からのあいさつがありました。
 3年生は卒業式に向けて、1・2年生は修了式に向けて、後期後半は大切なまとめの学期です。前期、後期前半の反省を踏まえ、さらに、よりよいものにして有終の美を飾ってほしいと思います。後期後半が、生徒一人一人にとって、充実したものになることを期待しています。

あけましておめでとうございます!

 あけましておめでとうございます。

 令和2年、今年も「未来を担う人づくり」を目指し、「チーム船中」教職員一同、「一人一人に目を向けたオーダーメイドの教育」を合い言葉に、生徒一人一人の力を引き出し、伸ばしていきたいと考えております。
 保護者の皆様、地域の皆様におかれましては、今後とも本校の教育活動へのご理解とご協力、ご支援を賜わりますようお願いいたします。

職員室からの 片曽根山

皆さん、よいお年をお迎えください!

今月23日(月)、長かった前期後半そして後期前半が終わりました。
表彰披露、表彰伝達、そして全校集会を開きました。
 この学期を通して、船中生の躍進ぶりが大きく目立ちました。支部新人大会・駅伝大会優勝、県中新人大会出場、そして県新人大会・県駅伝大会出場。税の作文、人権作文、ふくしまエコライフ絵はがきコンテスト、県造形作品秀作審査会などの各種コンクールでの数々の受賞。吹奏楽部、合唱部の東北大会出場、女子テニス部の東北大会出場権獲得など。
 吹奏楽部の全日本マーチングコンテスト出場は、船中に新しい歴史を残しました。保護者の皆様、地域の皆様、多大なるご支援・ご協力をいただき心より感謝申し上げます。
 冬休みを有意義に過ごし、令和2年1月8日、生徒・教職員全員が新たな目標を胸に、再会できることを楽しみにしています。皆さん、よいお年をお迎えください。来年もよろしくお願いいたします。

【表彰披露1】

【表彰披露2】

【表彰伝達】

食や思春期に関しての講話を行いました

 1年生を対象に、12月10日(火)には、田村市学校給食センターの主任栄養技師菅野こふみ様をお招きして「食生活を見直そう」講話を、12月17日(火)には、針生ヶ丘病院の公認心理師大森洋亮様をお招きして「思春期の心の変化とストレスへの対処法」講話を行いました。
 生徒は両日ともに、それぞれの講話に真剣に耳を傾け、自分で考え、判断し、決定し、実行できるようしっかりと学んでいました。

人権作文コンテスト表彰式を行いました!

 12月17日(火)、本校校長室に於いて、「第39回全国中学生人権作文コンテスト福島県大会」の表彰式を行いました。

 福島地方法務局郡山支局長と人権擁護委員の白石さんが来校され、表彰をしてくださいました。

 受賞者の皆さん、おめでとうございます。

 受賞者は以下のとおりです。
 【優秀賞】3年:E・Sさん 2年:T・Sさん
 【感謝状】田村市立船引中学校へ

県声楽アンコン銀賞おめでとう!

 12月14日(土)、ふくしん夢の音楽堂(福島市音楽堂)で行われた第36回福島県声楽アンサンブルコンテストに出場した本校合唱部は、銀賞を受賞しました。おめでとうございます。
 3年生が引退し、少ない人数になってしまいましたが、今大会も心一つに、持ち前のまとまりのある美しい船中ハーモニーを響かせてくれました。

赤い羽根共同募金ありがとうございました

 12月10日(火)、校長室に於いて、赤い羽根共同募金受渡式を行いました。
 本校JRC委員会の委員長が、生徒を通してご家庭から集めた募金28,715円を田村市社会福祉協議会船引支所長の石井栄子さんへ「地域のために使ってください。」と、手渡しました。