関本小 活動日記

2017年11月の記事一覧

寒くても体力つくり

 子どもたちは、半数以上が登下校にスクールバスを利用しています。日常的に歩いたり運動したりする機会が少なくなってきているという実態から、体育の時間を中心に体力つくりを計画的に実施しています。週1回の運動タイムでは、縦割り班で楽しく基礎的な体力つくりを行っています。
  

通学班会議11月

 昼休みの時間に通学班会議を行いました。冬休みまであと1ヶ月をきり,冬至が近づいてきて日が暮れるのが早くなりました。児童の下校が16:00になりましたが,スクールバスから下車する頃には,薄暗くなっていると思います。また,足下も悪くなってくると思われますので,十分気をつけて登下校するよう指導しました。ご家庭でも一声かけていただきたいと思います。
   

幼稚園との交流会

 常葉小学校に,常葉小1年生,西向小1年生,関本小1年生,幼稚園の年長さんが集まって交流会が行われました。まず,学校ごとにあいさつをしました。次に常葉小のお友達をお手本に全員でダンスをしました。そして,各学校ごとに分かれて活動しました。関本小に入学予定の幼稚園生には,準備していった魚釣りをしてもらったり,一緒に「花いちもんめ」のゲームをしたりして交流をしました。1年生の子どもたちは,つりのやり方を教えたり,絡まった糸をほどいてあげたりなど,ちょっぴりお兄さんお姉さんになった様子が伺えました。最後に代表者が感想発表をして交流会は終わりました。
    

ときわ荘訪問

 1・2年生がときわ荘を訪問し、学習発表会で発表した「さるとかに」を演じ、入居されている方々との交流を図ってきました。子どもたちは、緊張した様子でしたが、最後に握手してたくさん褒められました。おじいちゃん、おばちゃんに喜んでもらい、大満足の子どもたちでした。
   

高齢者擬似体験活動

 3・4年生が高齢者擬似体験活動を行いました。老化はマイナスのイメージをもちがちですが、擬似体験活動をとおして、加齢による身体(筋力、視力、聴力)の変化や低下を知り、高齢者の気持ちを理解するとともに、コミュニケーションの取り方を学び、思いやりの心を育むことがねらいです。子どもたちは、擬似体験用具を身に付け、車いす体験や視覚体験、手袋をしながら着替えや辞書の指定のページを開く体験等を行い、日常の違いと感覚の変化にとまどいながら、介護される立場を踏まえて、高齢者とのかかわり方を学びました。
   

いざ、町探検

 2年生の子どもたちが町探検に出かけてきました。町で生活する人々とのかかわりをとおして、仕事や地域への思いを理解し、自分たちが住んでいる町に親しみと誇りを感じてもらうのが目的です。子どもたちは事前に見学する場所を決め、あらかじめ聞いてみたいことを整理しておくなど、課題意識をしっかりもって有意義な見学や体験をすることができました。 
   

昔、昔

 本日、民話語りの方においでいただき、昔から日本に伝わる民話を聞きました。子どもたちは、どの民話にも真剣に聞き入るほど、巧みな話術で心に響くものでした。語り部の方には、子どもたちの聞く態度やうなずきなどの反応がよいことを褒めていただきました。  
  

収穫したお米をいただきました

 5年生が10月26日に稲刈りを行いました。本日、佐藤さんのご厚意で、5年生一人一人に袋詰めされたお米をいただきました。子どもたちは、改めて収穫の喜びを実感すると同時に、農業や食の未来についても考えを新にしていました。
 

おもちゃ大会

 生活科の学習で,2年生はおもちゃ大会を開きました。1年生が招待され,おもちゃの作り方や遊び方を教えてもらいました。一生懸命説明する2年生。話をよく聞いて楽しそうに遊ぶ1年生。それぞれが充実した時間を過ごすことができました。
   

「スポーツ笑顔の教室」実施

 東日本大震災で被災した子どもたちのこころの回復の支援を行うプロジェクトの一環として、5・6年生の児童を対象に「スポーツ笑顔の教室」を開催しました。前半の時間は、夢先生と一緒に体を動かす「ゲームの時間」。後半は、夢先生と語り合う「トークの時間」として、夢先生の体験談をもとに、挫折や失敗を乗り越え、夢を持つことの素晴らしさやそれに向かって努力することの大切さを伝えていただきました。