ようこそ! 緑小学校のホームページへ!!

美しい緑に囲まれ、地域のあたたかなまなざしの中、元気に学ぶ「緑っ子」の様子をお届けいたします。

学校紹介

 緑小学校は、全校生50人ほどの小規模校です。1年生から6年生までみんな仲が良く、天気のいい日には、みんなで元気に校庭で遊んでいます。学年に関係なく、一緒に鬼ごっこをしたりボール蹴りや一輪車をしています。鉄棒や雲梯で遊ぶお友達もいます。また、緑幼稚園が併設されており、幼・小連携のもと教育活動に取り組んでいます。
 今年度も運動や勉強に一生懸命取り組み、自分の力を高めていきます。全校生が協力し、緑小学校をよりすばらしい学校にしていきたいと思っています。少人数の学校ですが、子ども達のパワーは他の学校には負けません。緑幼稚園児も、小学生にまじって、がんばっています。

   

 体育館には、ボルダリングの設備があり、子どもたちは元気に遊んでいます。                                

     

 「絆の桜」で人と地域をつなぐ ~緑小学校には「絆の桜」と名付けられた桜の木が学校の周りにたくさん植えられています。子どもたちは、自分が受け継いだ桜の木を6年間かけて世話し、観察していきます。6年生が卒業すると、その桜は新1年生が受け継ぎます。6年生から1年生へ、人と人をつなぎ、人と地域もつなぐ「絆の桜」を子どもたちは今日も大事に育てています。~

   

    

   

 

こんなことがありました!

出来事

外国語乗り入れ授業

今日、船引中学校から英語の先生が来てくださり、6年生に外国語の授業をしてくださいました。最初は、みんな少し緊張していましたが・・・先生の元気な声と楽しい活動で、すっかり笑顔になり、楽しく学習できました。

ジェスチャーで使って、楽しく英語で伝えました!

6年生のみんなは、「中学校での学習が、また楽しみになった!」と話していました。今日は、楽しい英語の授業をありがとうございました!

 

KFB福島放送 見学学習

5年生がKFB福島放送へ見学学習に出かけました。

「働くということ」と「モノ作り」をテーマに学習しました。

番組はどうやって作られているのだろう?

テレビ局で働く人はどんな仕事をしているのだろう?

実際に働くカメラマンの方やアナウンサーの方から直接教えていただくことができました。

ちょっぴり緊張していましたが、アナウンスの練習やカメラワークなど楽しく学習することができました。

 

 

書写指導

 書き初め展への参加に向け、講師の先生を招聘して書写指導を行いました。子どもたちは、講師の鈴木 昭先生に字形や字間、払い等についてご指導頂きながら、基礎的な書写の技能を高めるべく、集中して練習に取り組んでいました。

(1年生)

(4年生)

 

(2年生)

 

プログラミング教育

 今日、6年生のみんなが、コミュタン福島にて「プログラミング」の授業を受けてきました。パソコンを使って、自分の指示どおりにロボットを動かす「おそうじロボット作り」に挑戦です!

ロボットをどのように動かしたいかを考えて、コンピュータに指示を入れます。

前に進めることができたら・・・「バックするには・・?」「右に曲がるには・・・?」左と右のタイヤの力のバランスや、回転数をよーーく考えて、数字を打ち込みます。

さて、思ったとおりにロボットは、動くかな?

自分の思い通りに動かない時は、よーく考えて数字を入れ直します。パソコンに向き合い、ロボットを操る姿は・・・4人とも、かっこいい理系女子の顔でした。

 

白い枠の中の、ピンポン玉をすべて外に出すことができたら、成功です!どのロボットも、次々にピンポン玉をお掃除していきました!すごい!

 

もしかしたら、この中から・・・将来、新たな「家事ロボット」の開発者が、生まれるかも・・・。

そう思えるほど、みんな真剣に夢中になって取り組んでいました!

 

 

イルミネーション設置作業

 昨日、イルミネーション設置作業を行いました。県道側のフェンス及び樹木へ電球を飾り付ける作業です。例年実施している親子活動です。早朝より親子で参加し、協力しながら作業を進めることができました。イルミネーションの点灯式は、12月10日(金)、授業参観終了後に予定しています。

<飾りつけの準備>

<フェンスへの飾りつけ>

<樹木への飾りつけ>

<6年生の卒業制作として>

 

 

 

 

 

車椅子バスケット体験

 本校では今年度、オリンピックやパラリンピックについて学ぶ機会を多く設けてきました。オリンピック・パラリンピック教育は、パラリンピックのトーチを校内に展示し、児童に興味をもってもらうところからスタートしました。その後、集会でオリンピックやパラリンピックについて学ぶ機会も設けました。また、本市のホストタウンになっているネパールの選手へ、応援メッセージを送る活動にも取り組みました。

 今日は、5・6年生を対象に車椅子バスケット体験がありました。県の障がい者スポーツ協会より、3名の講師の方においで頂き、子どもたちに車椅子の扱い方や車椅子バスケットについて教えて頂きました。今回の学習は、オリンピックやパラリンピックについての理解だけでなく、「共生」についても考えるよい機会となりました。

<鬼ごっこ>

車椅子リレー

<シュート練習>

<車椅子バスケット ゲーム>

 

 

第3回避難訓練

 第3回避難訓練を実施しました。今回は、地震による火災を想定しての訓練です。子どもたちは、放送による指示をしっかりと聞き、安全に避難することができました。また、水消火器を使った消火訓練も行いました。訓練では、消火器を扱う際の合言葉「ピノキオ」(ピンを抜き、ノズルをもって、気合を入れて、レイバーを押す)も教えて頂き、実際に消火器を使って練習することができました。

<すぐに机の下に避難>

<避難開始 静かに素早く>

<水消火器を使った消火訓練>

 

 

 

小規模校の中学校授業体験

 美山・緑・瀬川・要田小の6年生が中学校で授業体験をしてきました。これは、各小学校の6年生が中学校入学前に共に学ぶ経験をすることで、お互いを知り、期待や希望をもって中学校へ進学することができるようにとの思いから実施した体験学習です。授業は、5校時目の体育と6校時目の学級活動でした。6年生の子どもたちは、他校の児童と関わり、協力しながら運動したり、絵を描いたりすることができました。

<体育の授業から>

まずは準備運動から

お互いの棒が倒れないうちに相手の棒をつかむ運動

相手のことを思いやり、協力しないとできない運動です。

ボールを使った運動も協力が必要です。子どもたちは、楽しい運動を通して相手を意識する(思いやる)ことを学んでいました。

<学級活動の授業から>

 学級活動では、班の友達と協力しながら1枚の絵を仕上げる活動に取り組みました。他の場所に掲示してある絵を一人ずつ見に行き、記憶をもとにその絵と同じ絵を描くという活動です。見に行く回数に制限はありませんが、必ず一人ずつという約束でした。一人が帰ってきて着席したら次の人といった具合です。子どもたちはお互いの記憶を合わせながら協力して絵を描いていました。

収穫祭その2

 いよいよカレー作りが始まりました。切った具材を鍋に入れ、これもまた自家製のかまどで煮込みます。今回は、ジャガイモの代わりにサツマイモを使います。

火の管理も大事です。

カレーができました。とってもおいしそうです。

新米も炊きあがりました。つやつやしていてこちらもおいしそう。

シートを敷いて食べる場所を作ります。

 配膳の前に、始まりの会をしました。会の最初に、学年ごとに収穫したサツマイモの重さナンバー1の発表がありました。ナンバー1は、3年生の1080gでした。

配膳です。早く食べたい。

最高においしいカレーでした。