南っ子NEWS

お知らせ 田村支部栄養士部会の底力 ~おいしい給食のわけ~

12日は雪の降る日ではありましたが、

田村支部の栄養教諭・栄養士さんたちが

「子どもたちの食の安全とよりよい食育の充実を目指す!」という

思いを胸に研修を進めました!!

ベテランの栄養教諭さんが、実際に自校で出した給食メニューを伝授

各校や田村市給食センターの栄養士さんや栄養教諭さんたちが

調理のポイントや材料調達の工夫等々を

メモしたり、写真に撮ったりしながら実際に調理実習!

さすがは給食のプロフェッショナル!!見事な調理と素早い片付けの同時進行!!

こうした栄養教諭さん栄養士さんたちが、実際に給食を調理する場面を

直に見る機会はほとんどないためか、

目の前で繰り広げられる調理の鮮やかさ感動しました。

 

研修メニューは「手作りごぼうサラダパン」「ほうれん草のキッシュ」「チーズケーキ」

 

試食による研究タイム!※どれも最高の味でした!!

「このパイシートは、夏場と冬場では、解凍の時間が違うから、食べる直前に・・・。」

「このカップは、通常だと何千枚単位でしか購入できないから・・・。」

「カップは、何を入れるかで、厚さが・・・。」

「アルミカップだと、手を切る恐れも考えないと・・・。」

「パンをこねるときは、○分くらい寝かせるといい・・・。」

「このパン生地食べやすいですね。」

「パンをこねる台は、このシリコンのシートがいいですよ・・・。」

一生懸命にメモを取る姿には、

明日の子どもたちの給食を思う栄養教諭さん栄養士さんたちの気持ちが溢れていました。

 

本年度「学校給食会田村支部」の担当校長として関わらせていただいているおかげで

給食を作ってくださる方々の日ごろのご労苦・熱い思いにふれることが出来ています。

貴重な経験をさせていただいていると、改めて実感しています。

 

日々研修を重ねながら、

おいしい給食を作り出す姿子どもたちや保護者の皆様にもお伝えさせていただきたく

栄養士さんたちの承諾を得て、本校HPで紹介させていただきました。

 

<本日13日の給食より>