南っ子NEWS

王冠 「ひとつ、ひとつ、実現する ふくしま」の学校

福島県のスローガン「ふくしまから はじめよう。」から

新スローガン「ひとつ、ひとつ、実現する ふくしま」が

震災10年を機に掲げられました!

 

毎日の給食の重い食缶を小さな手で持ちながら、階段を降りる低学年の子どもたち。

一番近くで子どもたちに寄り添っている担任の先生のつぶやき。

「スロープさえあれば・・・。」

 

足のケガで松葉づえをつきながら、一段一段階段を苦労して上がる子どもに

補助しながら一緒に上がる養護の先生や7学年の先生のつぶやき。

「スロープさえあれば・・・。」

 

長年のこうした子どもたちを想っての言葉が

本日実現することになりました!!

 

船引地域教育協議会の「地域コーディネーターさん」の多大なるご尽力のおかげで、

地域の方々のご支援をいただくことが決まり、移動式「スロープ」を校内で活用できることになりました!

 

「子どもたちのためなら」という地域の方々への感謝と皆さんのお言葉を胸に刻み、

教職員それぞれの思いを繋ぎ、ともに、ひとつずつ、しっかりと、

カタチにし続ける学校の姿をもって、

皆さまへの感謝の気持ちをお伝えしてまいりたいと思います。

地域コーディネーター様、地域の皆様、本当にありがとうございます。