学校日記

劇団「風の子」ワークショップ

芸術鑑賞教室の公演前にワークショップを実施しました。
「劇団風の子ってなに??」と興味津々の子どもたち。ワクワクしながら体育館に向かいます。

 体育館のドアを開けると…目の前に広がる幻想的な舞台に、みんなの目が輝きます。

はじめは、体を動かしました。みんなで手を繋ぎ、先生や劇団のみなさんも入ってのゲームです。

輪に囲まれた子どもたちが外へ逃げ出します。うまく抜け出せるかな…?
外の子どもの腕を越えてはいけません。抜け道を探す、真剣なまなざし。

「ストップ!!」のかけ声と同時に、俊敏に抜け出します。周りを囲む子どもたちは、抜け出せないよう、繋いだ手を低くしたり、身体を床に付けたりと大熱戦!

ゲームで身体を温めた後は、公演本番に向けての練習です。

この日のために準備してきた歌や国の言葉を生の演奏に合わせて練習します。

 各学年が調べたそれぞれの国の言葉に、劇団のみなさんもびっくり。リズムやタイミングを微調整し、午後の公演本番に臨みます!