関本小 活動日記

2019年1月の記事一覧

第10回通学班会議

 8:00から通学班会議を行いました。毎回登校班ごとに危険箇所の確認や登下校の仕方を反省し、交通事故0を目指して話し合いをしています。子どもたちの反省からは、「雪道や凍った道路での歩き方に気をつける」「バスの運転手さんにきちんとあいさつする」との反省が聞かれました。間もなく立春です。少しずつ陽も延びてきました。油断することなく安全に登下校して欲しいと思います。

  

ゆずり葉

 6年生の書写では、「ゆずり葉」を練習しています。ゆずり葉は、暖かい地方に自生する木で、新葉が整ったころ古い葉が落ち、新旧の葉が交替してあい譲るような格好になるので、ユズリハの名がついたということです。卒業まで38日。先輩から学んできた伝統を下級生に伝えていこうと、心に誓う6年生でした。

  

6年薬物乱用防止教室

 本日、学校薬剤師さんをお迎えし、薬物乱用防止教室を行いました。酒やたばこが心と体にどのような害や影響を与えるのかについて、学習しました。薬物やたばこ、酒の有害なところは、依存しやすいということです。子どもたちは、たばこやお酒を誘われた時に、どう断るかについて、自分の考えを書いてからロールプレイしました。断る言葉やいらない理由を駆使して、自分の大切な心や体、人生を守って欲しいと感じました。

  

 

 

全校合奏の練習

 3月の閉校イベントで発表予定の全校合奏に向け、練習にとりかかりました。

すでに、学習発表会で発表していますが、閉校イベントでも多くの方々に聴いて

いただこうと頑張っています。

 

 

1月のゆめきりんさんによる読み聞かせ

 15日(火)にゆめきりんさんによる読み聞かせがありました。2年生が「昔話」、

5年生が杉みき子さんの本を紹介していただきました。2年生では、紙芝居も見

せていただきました。「心は聞いた言葉でつくられる。」と言われます。今後も、

良書に親しみ、豊かな心の育成を目指します。

  

ふくしまを17字で奏でよう絆支援事業の表彰

 17日(木)に福島県教育委員会主催の「ふくしまを17字で奏でよう絆ふれあい支援事業」で、学校をあげて取り組んだことが認められ、学校賞の表彰伝達式が行われました。この事業は家族や人とのかかわりの中で感じたことを家族と一緒に17文字で表現するものです。家族との温かい絆を感じさせる多くの作品を出品していただきありがとうございました。こらからも言葉による表現力の育成に力を入れていきたいと思います。

 

なわとび大会に向けて

体育委員会で8の字跳びの練習を企画しました。

他の学年の友達と交流しながら、楽しく練習できました。

  

冬休みの力作

各教室には、子どもたちが冬休みに書いてきた書き初めの作品が掲示されています。どの作品も

基本に忠実に丁寧に書かれていました。冬休みに真剣に取り組んだ子どもたち頑張りが、作品に

込められているようでした。

 

 

 

        

朝の運動タイム

 後期後半がスタートしてから一週間が過ぎました。欠席する児童もなく、落ち着いた生活ぶりでした。

運動タイムでは、縄跳びが始まりました。冬場の体力づくりとして、子どもたちなりのめあてをもたせ、

積極的に取り組ませていきたいと思います。

 

 

お店屋さんごっこ(1年)

 1年生では,国語科「ものの名まえ」の学習で,一つ一つの名前とまとめた名前について学習しました。そのまとめとしてお店屋さんごっこをしました。「楽器」「花」「文房具」「野菜」を売る店ができました。おもちゃのお金を使って,代金をはらったりおつりを出したり,算数の計算の学習にもなりました。とても楽しい学習になり,満足した様子が見られました。

久しぶりの雪景色

 昨晩からの積雪で、一面の銀世界。今朝は雪掃きからのスタートになりました。

寒い一日でしたが、子どもたちは元気に過ごしていました。

 

第10回全校集会

 新しい年が明け、最初の登校となりました。子どもたちは、大きな事故やけがもなく、冬休みを安心・安全に過ごし、無事全員出席することができました。全校集会では、校長先生から子どもたちに向けて、健康に留意し、目標をもって51日間の学校生活を送って欲しいとのお話がありました。生徒指導の担当からは、周りに流されないように善悪の判断力を磨いて、行動力を高めていって欲しいとの話がありました。「一年の計は元旦にあり」。関本小の子どもたちにとっては、元号も学校も変わる中、大きな節目を迎えます。不安は大きいとは思いますが、自分を見失うことなく目標に向かって、前向きに努力していって欲しいと思います。

  

 全校集会の前に育休から復職した職員の紹介がありました。前任者同様、ご支援・

ご協力をよろしくお願いします。