こんなことがありました!

書の芸術体験学習 5・6年

   
10月17日(金)午後、5・6年生は書の芸術体験学習を行いました。泉田佑子先生に指導を受けるのは5年生が3回目、6年生は4回目となります。
実技に入る前に、泉田先生から書家としての経歴や夢を実現させるための方法など講話をいただいた後、実技に入りました。筆の様々な機能を生かした「へのへのもへじ」は、皆、個性的で楽しい作品ができました。
次は、児童の書制作の時間です。昨年度までは学年から1人代表が大きな筆を何本も束ねた巨大筆で大作を書いていましたが、今年は泉田先生の「一人一人が主役、アーティストになってほしい」との願いから、各自2mの用紙に自分で考えた言葉を書きました。5年生は「夢」将来就きたい職業など、6年生は自分で大切にしたい、大事にしたい「心」を自分の想いを筆に託して表現しました。
1年に1回、約80分の短時間ではありますが、書芸術の技能だけでなく物事に立ち向かう精神の在り方や仕事への情熱に触れることで、キャリア教育の面でも大変ためになっています。