こんなことがありました!

花丸 「思いやり」の心を・・。

 ここ数週間にわたって、お昼の放送の時間に「OMOIYARIのうた」という曲が流れています。
 
 CDの歌詞カードには、作詞・作曲 藤田恵美 ※作詞キーワード:愛知県の小学生のみんな と言う風に書かれています。藤田恵美さんが、愛知県の小学生の言葉を基につくった曲です。藤田恵美さんと言えば、ルクプルというグループで歌っていた「ひだまりの歌」が有名です。 歌詞を見てみると・・・、いいなあ、子供達にそういうことを伝えたいんだよと言うところが何カ所もあります。
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ♪ 水や空気が必要なように 誰もがひとりで 生きてはゆけない・・・・・
   ・・・・・ 倒れそうな人には そっと手をさしのべて
   もしも友達が 悲しい思いしてたら 知らないふりなんて したりしないで
   だって僕たちは 希望を握りしめて 生まれて来た 地球(ほし)の仲間・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 毎日流れるので、子供達もすっかり覚えたようです。朝の会の時間にも各教室から歌声が聞こえてきます。瀬川フェスティバルで実際の歌をご披露するということもあるかもしれません。

 先日、お出でいただいた書家の泉田佑子先生も、人間にとって大切なのは「愛だ!」と言う事で、「愛」というタペストリーを残して下さいました。想いや願いは一緒です。
 
 
 先日、「こぶし荘」を訪問した子供達の職員の方々や入所されているおじいちゃん、おばあちゃんにあてた手紙を今朝、送付前に見せてもらいました。以下、子供達の手紙です。

(こぶし荘のおじいちゃん、おばあちゃんへ)
○ すっかり秋らしくなってきました。先日は、こぶし荘を訪問させていただきありがとうございました。ぼくは、発表している時におじいちゃんやおばあちゃんが一緒に歌ってくれたり、拍手をくれたのでうれしかったです。これからも長生きしてくださいね。(6年 Mさん)
○ (前略・・・)いろいろな遊びを教えていただきありがとうございました。みなさん、長生きしてください。また、機会がありましたらいろいろな話しやおじいちゃん、おばあちゃんの思いで話を聞かせてください。(6年 Sさん)
○(前略・・・)おじいちゃん、おばあちゃんも体に気をつけていつまでも元気でいてください。(6年Nさん)
○少し肌寒い季節になってきました。先日は、こぶし荘を訪問させていただきありがとうございました。「ふるさと」と「赤とんぼ」の合唱、楽しんでいただけたでしょうか。手拍子していただいてとても嬉しかったです。あやとりをおばあちゃん達とできてすごく楽しかったです。毎日元気に過ごしてくださいね。長生きしてね。(5年Rさん)
○コスモスの花がきれいに咲いてきて秋らしくなってきました。 みなさん、私達の合唱と演奏どうでしたか。昔遊びもたのしかったです。もし、機会があったらまた伺います。。待っててくださいね。 長生きしてください。(5年Mさん)
○すっかり秋らしくなってきました。先日は、こぶし荘を訪問させていただきありがとうございました。最近、寒くなってきたので体を温かくして健康で長生きしてください。(5年Rさん)

(こぶし荘の職員の皆様へ)
○(前略・・・)おかげさまで、おじいちゃん、おばあちゃんとふれあう機会ができて嬉しかったです。仕事は、苦労もたくさんあるかと思いますが、頑張ってください。(6年Yさん)
○(前略・・・)僕は、夜中の仕事は眠たくて大変だと思うのに、いろいろなハプニングなどがあるのでさらに大変だと思いました。がんばってください。今日は、ありがとうございました。(6年Eさん)
○先日は、こぶし荘を見学させていただきありがとうございました。夜には5人でおじいちゃんやおばあちゃんを看ているのはすごいと思いました。これからは、家にいるおばあちゃんを楽しませたいと思いました。(5年Sさん)
○先日はこぶし荘を訪問させていただきありがとうございました。部屋の数や食堂の事などいろいろと教えてくださりありがとうございました。
 
 思いやりをもって人に接すること、「生きる」とは、思いやりをもって人の役に立つこと。これからも体験を通しながら子供達に教えたいこと、学んで欲しい事です。