こんなことがありました!

花丸 4年生理科「電気のはたらき」その後・・・

 4年生は、「電気のはたらき」という単元で、電池2個を直列につなぐと、電池1個の時より電流が強くなり、モーターを勢いよく回すことができることを学びました。この時、電池を2個並列につないだ場合も実験をし、並列の場合は、1個の時と電流の強さも、モーターの回転速度も変わらないことを学びました。
 この学習でポイントになるのが、以前も記載したように回路を正しく作ることです。今日は、モーターを豆電球に代えて「豆電球をより明るく灯すにはどうしたら良いか。」と言う課題で実験を進めました。1人実験ですから、他の人がやってくれるのを観てれば良いと言うわけにはいきません。この単元の学習を始めたときは、「えー。どうやんの?」「先生、わからない。」など不安げな言葉を発することが多かった子供達ですが、今日の授業では、「先生、できました。」「手伝ってあげる?」など自信たっぷりの言葉がたくさん聞こえるようになってきました。授業後の子供達の顔は、とても満足げです。
 ↓ 自信たっぷりで回路をくみ上げる。

 ↓ 電池を2個直列につなぐと電流が強くなり、豆電球はこんなに明るくなる。(やったー。)
 
 ↓ ここの接触が悪いんじゃない?私が見てあげるよ。