関本小 活動日記

出来事

オリンピックデー・フェスタ学校訪問

 本日、常葉町内3校の小学校が常葉小学校に集合し、5名の元オリンピック選手との交流活動を行いました。オリンピックを目指した動機や苦労話など、生の声を聴かせていただきました。オリンピック選手でもモチベーションが上がらない時期があり、その時期に家族や仲間の応援がうれしかったことや練習の積み重ねてきた自分を信じて、きのうの自分に負けないことが大切であるとの経験を踏まえたお話が印象的でした。

  

朝の運動タイム

マラソン大会に向け、本格的に練習が始まりました。

今日は、全校生で校庭を走りました。青空のもと、

元気一杯運動しました。

  

 

1年生の授業研究会

 1年生の算数の授業研究会を行いました。3+9の計算について、数を分解し、ブロック操作をしたり話し合いをしたりして、どちらの数が10にしやすいかを考えさせるのが目標です。子どもたちは、10のまとまりを早く作るには、どちらの数をどう分解したらよいかをしっかり考え正しく計算することができました。

  

前期終業式

 4校時目に前期終業式を行いました。平成30年度の前期の授業日数は、ちょうど100日でした。その100日間を元気に休まないで登校した児童は33名、無欠席率は約59%でした。大変立派な自己管理だったと思います。終業式に当たって、校長先生から、自分のいいところを更に伸ばし、そうでないところも伸ばしていけるようにすること。また、学習したことを自分の学力として、様々な場面に生かして活躍して欲しいとのお話がありました。その後代表児童が前期の取り組みの反省を堂々と発表しました。

       

楽しかった外国語活動

 1年生の外国語活動では、間近に迫るハロウィンをテーマに学習しました。「まちがっても大丈夫。まちがってもいいから英語をたくさん話そう。」と子どもたちは、ALTとの交流を楽しんでいました。聞けば聞くほど、話せば話すほど、英語は上達すると言われます。今後も、「私の英語を分かってもらえてうれしかった。」という体験が自信につながっていくよう、活動を工夫していきたいと思います。

   

マラソン大会の練習始まる

 今週の朝の時間から、マラソン大会に向けた練習が始まりました。子どもたちは登校後、各教室で提出物を提出した順に校庭に出て、マラソンの練習に取り組んでいます。各教室の廊下に何周走ったかが分かるマラソンカードを掲示(見える化)し、記録しています。当日(10月19日)まで、自分のめあてに向かって取り組めるよう応援していきたいと思います。

  

 

箏の教室

 本日、5・6年生が日本伝統の楽器である「箏」と「三味線」の体験演奏を行いました。講師の方は、日本国内だけでなく海外の学校や福祉施設等での演奏を中心に活躍されている先生です。6年生の子どもたちは2回目の体験です。子どもたちは、慣れない手つきながらも、最後には「さくら」を演奏することができました。

  

おへその話

 9月28日(金)に、おへそのこと、赤ちゃんがお母さんのお腹の中にいるとき、生まれたときの赤ちゃんの様子などを学習しました。まずは、男女の体のつくりの違いについて確認しました。1年生の子どもたちは興味津々で活動することができました。

  

9月の通学班会議

 本日、9月の通学班会議を行いました。登校班ごとに立てためあてについて反省しました。

バスの中ではきちんとシートベルトを締め、静かに乗車できているようですが、集合時刻に

間に合わないときがあるとの反省もありました。子どもたちは、めあてを意識して登下校しよ

うと話し合っていました。

  

森林環境学習

 21日(金)に4・5年生が三春ダム周辺での森林環境学習に出かけてきました。三春ダム内では、水と森林の働きや豊かな自然環境を守るための取り組みについて、担当の職員の方から説明していただきました。次に、近くの自然観察ステーションに移動し、講師の先生から雑木林を構成している樹木の特徴や森林の働きについて、具体的に教えていただきました。子どもたちは、森林の「緑のダム」としての機能や森林資源の重要性に気づき、自然保護の考えを深めることができました。