大越小学校の紹介

  田村市立大越小学校は,福島県田村市にある全校生179名(H30.04.06現在)の小学校です。1年生から6年生までが,仲よく,元気に,学習に,運動に取り組んでいます。

学校長あいさつ

  田村市立大越小学校のホームページへアクセスいただき、ありがとうございます。

 本校は統合校として平成24年4月に開校し7年目を迎えますが、統合前の上大越小学校、下大越小学校、牧野小学校の3校は、何れも140年以上の歴史(明治6年開校)を持ち、地域の象徴として地域とともに歩んできた学校ばかりです。各校の伝統と保護者や地域の皆様の思いや願いをしっかりと受け留めながら、「地域が育て地域で育つ教育」(田村市教委)の推進に努めてまいります。
 さて、平成31年度は、31名の新入生を迎え、全校生175名でスタートしました。
 教育目標は、『よく考える子ども』(知)、『思いやりのある子ども』(徳)、『元気な子ども』(体)で、「心豊かで、輝く瞳と、はじける笑顔のたくましい子どもの育成」をめざしています。
 その具体的な実践内容等については、「平成31年度学校経営・運営ビジョン」(PDF)をご覧ください。
 そして、これらの実現に向けて次の3つの「教育推進キーワード」を掲げています。
 1つ目は、『日常を大事に!』です。
 当たり前のことを、当たり前に思って、当たり前に行動しながら、日々努力を積み重ねることで確かな力をつけていく子どもであり、教師であるために。

   ・継続は力なり。  ・習慣が常識をつくり、常識が人格をつくる。
 2つ目は、『点検と検証!』です。
 実践したことで満足せず、身に付いた力を子どもの姿を通して見極められる教師であるために。

   ・点検や評価をなくして、改善・充実はない。
 3つ目は、『気配り・心配り!』です。
 変容をとらえる目を磨き、気になることは一声かけるなど、早めの報告・連絡・相談を心がけるために。

   ・声を運ぶ、足を運ぶ、心を運ぶ。

 平成30年度には、校庭も完成し、新校舎とともに新しい教育環境が整い、統合校である大越小学校が本格的にスタートしました。

 子どもたちは、朝から主体的に体を動かし、朝の歌で声を出し、友だちと協力し合って学んでいます。そして、さわやかに「さようなら」とあいさつして下校していきます。

 教職員一同、大越っ子たちとの出会いに心から感謝し、一人ひとりにしっかりと力を付けるという思いを強く持ちながら、「元気に登校して、満足して下校する」子どもたちを育成し、「我が子を通わせてよかった」と思っていただける学校づくりに全力で取り組んでまいりますので、今後ともご支援、ご協力をよろしくお願いいたします。
                        

                                  田村市立大越小校長  白石 修子


 

 

学校要覧・校章・校歌について

◆平成30年度学校要覧はこちらをごらんください →  平成30年度学校要覧.pdf

◆大越小学校の校章について
制定日 平成24年4月1日

校章の由来
「桜のピンクの花びら」は、上大越小学校、下大越小学校、牧野小学校3校の統合であることを表現している。
中央には、「大越」の地名を白抜きで配置し、それを囲む「おしべ」は、健やかに成長する子どもたちをイメージしている。
「緑の5枚の葉」は、子どもたちを見守り育てる自然と人情の豊かな5つの地域(上大越、下大越、牧野、栗出、早稲川)を表現している。

◆大越小学校の校歌について → ファイル名をクリックすると、校歌を聴くことができます。

学校へのアクセス

【 J  R 】
 東北新幹線郡山駅
 磐越東線大越駅下車
 滝根方面へ徒歩7分

【自家用車】
 ◇磐越自動車道 船引三春ICより
  国道288号線を船引方面へ7km
  国道349号線を小野町方面へ1km
  県道19号線を滝根方面へ7km
 ◇磐越自動車道 小野ICより
  国道349号線を船引方面へ1.5km
  小野プラザ先信号を右折
  県道301号線を滝根方面へ4.5km
  県道19号線を船引方面へ7.5km  

学校はココにあります